« 今朝の小田原 | トップページ | ドレミの歌 »

2005.06.11

クロダイ釣りは本当にコワイ!(第2話)

千葉・外房の某堤防に一人でクロ狙いで行った時のこと.(クロ狙いの時は一人が多い)

その堤防は以前、一晩でクロダイを12枚釣った場所.釣り場のポイントもある程度把握している.
ゴンズイがくるとクロダイも釣れる.
ゴンズイが一定時間釣れたあとクロダイ、クロダイ、またゴンズイがしばらく続き、クロダイ...といった風に、かわりばんこにくるので、ゴンズイは大歓迎!
(いつも、ゴンズイを釣って喜ぶオイラを見て、ヘンナヤツと言う友人もいますが...タナがあっているという証拠なんだぞ!)

ここの小さな港は外灯もなく、夜は本当にまっくらな堤防なので、クロダイ釣りにはもってこい!

港に着いた時間を…はっきりとは覚えていませんが、午後9時16分は過ぎていたと思う.
(;x_x)/*(゜O゜)☆\(。。;) オボエトルヤナイケ!

港をぐるりとまわって釣り場に入る途中に、浅場だけどスズキが寄りつきそうな磯が堤防にくっついている.
その沖の方で、波のざわめきの中で何やら叫ぶ声が聞こえる.漁船の漁師さんだろうか?
「××××か~っ!?」(なんと言っているのかわからない)
ただなんだかざわついている感じ.
真っ暗で漁船も見えないし、気にしないで釣り場に着き、玉網をセットしコマセ始めた.

小一時間コマセながら竿を出し、ウキ、仕掛けをセット.そろそろ魚が寄って来る頃?なので針にオキアミをつけていると、後ろの遠くの方からスパイクの足音.
振り向いたけど暗くて見えない.あら~、誰か来ちゃったよ...んまっ、いっか.と思って仕掛けを投入しようとした.
足音がザッ、ザッと近づいて来て、オイラの真後ろでザッ、ザ・ザッ!と止まったので、振り向いてみた...

・・・・・

だ・誰もいない!

だって、ホントに20~30cm位のすぐうしろで足音が止まったんだよ!

キャ~~~~~!!!!!

竿を放り出し、道具も、荷物も、全部ほっぽって釣具屋さんまで一目散!!!
夜が明けるまで釣具屋さんにいさせてもらった.

充分に明るくなってから釣り場に戻ったら、道具は全部無事だったので一安心.
もちろん、もうそこで釣りをする意欲もなく...そのあとその日はどこで釣りをしたのかもよく覚えていません.

思い起こすと、スパイクの足音や止まり方が…釣り師というよりも、どうも軍人さんだった様な気がする.
全体~っ、止まれっ!「ザッ・ザ・ザッ」のあの感じ!
そう言えば、あの沖での「××××か~っ!?」と何回も叫んでいたころからアヤシかったのかも知れない.

その日、クロダイが釣れなかったのはいうまでもありません.

その後しばらくして、その堤防の側を通ってみると…フェンスが出来てしまっていて、中には入れなくなっていました.
全然危険な場所ではないのに...何かあったんでしょうか...?
(あのとき、あのまま釣りを続けていたらどうなっていたんだろ?)

|

« 今朝の小田原 | トップページ | ドレミの歌 »

コワ~イ話」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93179/4504187

この記事へのトラックバック一覧です: クロダイ釣りは本当にコワイ!(第2話):

» 漁船 [フェリー&港 ガイド]
漁船漁船(ぎょせん)とは一般に、漁業に用いられる船舶である。漁法やその目的とする漁場によりその船の大きさや構造は大きく異なる。Wikipediaより引用... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 23:25

« 今朝の小田原 | トップページ | ドレミの歌 »