« 禁断のテトラ越え(?) | トップページ | マイ・スタジオ・マシン »

2005.07.25

旅のふれあい

眞鍋姉さんのブログに…(^-^ )☆\(ー_ー; ネエサンッテ...
オイラの方が2.何倍か上だぞ!
んまっ、それはそれとして…(°O。)☆\(^_^; ソレデエエンカ?

(^^;ゞ
眞鍋かをりさんのブログに旅のふれあいのことが載りましたが、それで虫屋のころのことを思い出しました.

中学のころ、高知県の梶ヶ森という山にひとりでカミキリムシを採りに行きました.
そのころは「稀」と言われていた「イッシキキモンカミキリ」という綺麗なカミキリムシの採集を目標に.
(虫屋ってこの「稀」という言葉に弱いのよね~)

梶ヶ森を1/4か1/3位(?)登ったところの桑畑の桑の木に、8月ごろに行くといるということがわかっていたので、採集としては楽でした.
桑畑の葉の裏を見上げながら慎重に探していると、いたいた!
捕虫網をかぶせて見事ゲット!
あ、もう一匹発見!
あ、三匹目の飛んでいるやつを発見!ゲットオ~!!!
「稀」な、目標のカミキリ(注:「カミキリ」は「カミキリムシ」のこと)を採り、飛び上がりたいほどうれしかった(飛び上がっていたのかも知れない)...んですが、ふと何か気配を感じて振り返ると、そこにタオルを頭に掛け、麦わら帽子をかぶった腰のやや曲がったお百姓さんが、身動きもせずこちらをじっと見つめている…

「なにしゆうぜよ?」

  →普通の訳 :何をしてるんだい?

  →ここでの訳:うちの畑でいったい何をやってるのかね?

もうび・びっくり(といってもクロダイの時ほどの怖さではなかったけど).
で、説明をしたところ、カミキリを採ってもいいと快く承諾してくださいました.
よお~し、いっぱい採るぞ…と意気込んだところ、そのお百姓さんが、

「これからご飯じゃきに、おらんくへ来んかえ?」

  →普通の訳 :これからご飯なので、家へ来ない?

  →ここでの訳:これからご飯なので、家へ来て一緒に食べなさい.(ムシを採らせてあげてるんだから…と無言の圧力)

もっとゆっくりとイッシキ(注:虫屋仲間でイッシキキモンカミキリのこと)を探したかったんだけど、しかたなくそのお百姓さんについて数十分歩いてお宅におじゃましました.

家では奥さんがご飯の支度をして待っていました.
お茶の葉をとってきたので今入れるから、と言うとお百姓さんは、いろりの大きいヤカンにでっかい枝をドンと入れた.
枝のかなりの部分がヤカンからハミ出ている.
い・色んな虫がくっついているんぢゃない?って感じだったけど...洗ってもいないし...

ところがところが…そのお茶の美味しかったこと!
あんなおいしいお茶は初めてだったし、その後もあれを越すお茶はない.
「おいしいお茶」はあるけど、あれは「おいしいお茶」+「素朴」という、なんとも言い表せない味がした.
ちなみに、小学生のころからオイラは「お茶小僧」とか「おしんこ小僧」と呼ばれていた.

そのお百姓さんは老夫婦だったんですが、なぜかオイラのことをとても気に入ってしまった様で、ついには…

「きょう は 泊まっていき!」だと!!

土佐弁のアクセント的には

「_  - _  ~ ~   ~ ~ ~!」

となります.
そうそうついでに、

「かじ がもり(梶ヶ森)」は

「~ - ---」となり、東京弁でいうと「火事が森」に聞こえます.どーでも E けど.

日帰りのつもりで来たのに...(しかも、きょう初めて会った人だぞ!)
あんましすすめられるので、家に電話をして泊まっていくことを伝えた.そうそう、そのころは「黒電話」しかないですよ~.

でも、なんでそんなに無理矢理泊まっていけだとか言うのか...
話しをよく聞いてみると、(中学のころの)息子さんにそっくりだとかで...

広~い家に老夫婦がふたりっきり.
あんまりえらい喜びようだったので、きっと息子さんは亡くなられて、面影が似ているのでついつい懐かしくなって…それで、もてなしてくれているんだと思って聞いてみたら…

今は大きくなって(大人になって)よそで働いているんだと!

(  ( (((( \(;^^)/ ナ・ナンナンカナ~

結局一泊して、翌日もイッシキキモンカミキリをたくさん採って帰りました.
(ほんとは山をもっと登って他のも採りたかったのに~)

でも今になってみれば、いい想い出になったなあと感謝しています.

イッシキキモンカミキリの画像 : http://www5d.biglobe.ne.jp/~tengyu/isshikikimon.html

紋が黄色に見えますが実際は実に綺麗な緑がかった黄色で、身体の他の部分の黒色は、ややビロードっぽくて深~い黒色で、とてもとてもキレイです.

眞鍋かをりのここだけの話http://manabekawori.cocolog-nifty.com/

|

« 禁断のテトラ越え(?) | トップページ | マイ・スタジオ・マシン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅のふれあい:

« 禁断のテトラ越え(?) | トップページ | マイ・スタジオ・マシン »