« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.26

日本語ってロボット語?

「STAR WARS EPISODE III REVENGE OF THE SITH」(スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐)のDVDを購入して観たんだけど...感想(内容はもちろん、良かった!)は別にして、面白いなと思ったことをひとつふたつ.
(^-^ )☆\(^_^; イクツナンダヨ!

始まって最初の方の宇宙でのバトルの中で、敵(?)のロボット(?)が形状を変えて飛び立つ時に、「キャー、ニゲロー!」って聞こえるところがある.
この部分が実際「日本語」なのかどうかはわからないけど...もしかしたら日本語を知らない外人にとって、日本語ってロボット語みたいに聞こえるのかも?
同じ日本の中ですら、方言を聞いていて宇宙語?って思ってしまう位だから.

それと、
マスター・ヨーダの言葉遣いがすっごく面白いのに今頃気がついた!
なんで今まで気がつかなかったんだろ...
きっと、字幕があるとどうしてもそっちを追ってしまうので、英語は心地よく(?)聞き流していたのかしらば...
(°-°)☆\(ーへー; ナニゴヂャイ、「カシラバ」ッテ!?

ヨーダの言葉は大部分が「倒置法」になっている.

例えば、

Miss you, I will.(普通の文章だともちろん、I will miss you.)

Destroy them, you must !

という風に!
ただ残念なことに、これが英語を話す人たちにとって、一体どんな風に面白く聞こえているのかがわからない.ネイティブにしかわからないことかも知れないけど...

あるいは「面白い」ではなくて「おごそかに」か、それとも「重々しく」聞こえるのかも知れない.なんたってマスターなのだから.

時間がある時に前のも見なおしてみよっと.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.25

大塚寧々?…それとも...

「大塚寧々」誕生秘話.

オイラがもう、?十年前に某外資系広告代理店に勤めていたころのこと.

ボス(日本人)がみんなの所へ来て、
「子供が生まれたんやけど、名前、千姫はどやろ?」

みんなは一斉に、「ええ”~ッ!?千姫ですかあ~???!!!」

ボス「ええ思たんやけどなあ…...ほな寧々はどや?
千姫か寧々、このどっちかにしょー思うとんのやけどな」

みんな「それじゃあ<寧々>の方がいいんじゃないですかあ!?」

ボス「一晩考えてみるわ」

・・・・・

(大体こんな会話だったと記憶している)

で、「寧々」に決まったそうな.

ボスの名字は「大塚」!

隠して…あ、まちごおた...
(^-^ )☆\(^_^;

斯くしてあの女優「大塚寧々」さんの誕生となったワケであります.
これホントの話!

プライベートなことなので、話はここまでにさせていただきま.(^^;ゞ

< 備考 >

千姫:徳川家康の孫娘.豊臣秀頼の正室.
http://tikugo.cool.ne.jp/osaka/busho/sonota/s-sen.html

寧々:豊臣秀吉の正室.
http://home.att.ne.jp/air/tabigarasu/imode/kodaiji.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

地震雲

夕方宅急便を出しに行ってたら、北の方に地震雲を発見!

家に帰ってから慌てて写真を撮ったけど、薄暗くなっていて、遠景なのでフラッシュをたけず…手ぶれでピンボケ.
アップロードできるものではなかったのでズワンネン...と思っていたら、娘からのメールで「地震雲が出てたよ~」と携帯で撮ったのを送ってくれた.
(さすが親子?)

jcloud13

でも写真を見ると、オイラが見たのとは違う…ということはいっぱい出ていたということ・・・!?

オイラのは五段になっていた!
この娘が撮ったのは扇型?
クロスしていれば地震は起きないけど、もし扇形だとすると…たしか要注意!
ただ雲が低いので、どこか遠くで起きるのかも...ま、どこにも起こってほしくはないんだけど.

これら地震雲の知識(?)は、故「奈良市長・鍵田忠三郎」著の「これが地震雲だ」によるものです.
右サイド・バーの「お気に入りの本」のリストにありますので、興味のある方はクリックしてみてください.(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

拝啓、某3K新聞様

うちは、ず~~~~~~~~~~っと、某3K新聞なんですけど...

スヌーPのグッズとか、最近は何やら携帯の充電が出来る防災なんとかとかって...

ほかの新聞をとっている人がそれをやめて、某3K新聞と契約すれば景品(?)がもらえるんですよね?

・・・・・

うちのケースだと、某3K新聞を一旦やめて、新たに契約すればもらえるんかい?

・・・・・

そうしないともらえないんかい?

・・・・・

まあ、別にそんなに(?)景品が欲しいってワケでもないんだけど(?)、

ず~~~~~~~~~~っと、とり続けている家には何にもなしですかい?

ちったあ顧みてくれんかのう、「顧客」なんだから!

(^-^ )☆\(^_^; マタシャレカヨ!

ケッコウマジッスヨ!(;^_^)/☆( ^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計を隠せ!

スポーツ番組で、新聞などのラテ欄に「(録画)」って書いてあると…(書いてなくっても、ライブじゃなくて録画番組だとわかったら)

あと30分で番組の終了時間...(例:昨日のバレーボール)

こりゃ逆転はないな…ってわかっちゃうじゃん!
応援している側が勝っていれば、それでもいいのかも知れないけどぉ...楽しみ・ドキドキ・ワクワク感は半減してしまう.
負けていたらガッカリ感が増すし...

スポーツ・ファンの人が、帰宅してから見るのを楽しみに録画していたのに、途中で勝ち負けを言われちゃって激怒!とか時々耳にするけど...
それに近いモノがあると思う.(別に激怒はしないけども)

そこで提案.

1.ラテ欄には「(録画)」を書かない.

2.もしそれがダメな場合は録画の「(ロ)」にする.

  (^-^ )☆\(^_^; シッチャッタラオナジヂャン!

3.自分ちの時計を全部隠して観る!

(  ( (((( \(;^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.17

眞鍋かをり姉さんのブログで…

「眞鍋」って名字愛媛に多いんだって?(「眞鍋は愛媛に多い苗字です。」November 16, 2005 の記事参照.URLは下方に)

そういえば、中学の同級生に鍋島っていたな~、通称「なべやん」.

(^-^ )☆\(^_^; ドコガ「マナベ」ヂャイ?

教師にも鍋島っていたぞ、通称「なべやん」.

(^O^)☆\(ーへー; ダカラドコガ「マナベ」ヂャイ?

おいらは土佐だもんで…名字が変化したのかも?
・・・
ひょっとしたら「鍋」がつく名字って四国に多いのかも?
でもどっちかっつ~と、東北に多そうな気もするんだけど.寒いから鍋料理多そうだし...

(°-°)☆\(^o^; ムセキニンナコトユーナ!

眞鍋かをり姉さんのブログに、愛媛みかんの楽しい遊び方(?)が書いてあった.
普通はお手玉とか、おへそを取って、ツブがいくつ入っているか当てっこする程度しか浮かばないけれど・・・さすが眞鍋姉さん、コーラ・スティック、ファンタスティック!

(^_^ )☆\(ー_ー; ナンノコッチャ!

みかんといえば、土佐のいなかの方では「山北のみかん」だったな~...(なつかC)
あとポンカンと.

ネットで「山北のみかん」って検索してみたら、意外とあるある.
「山北みかん」ってすごいローカルかなと思っていたけど...意外とブランド(?)なんだと感心しちゃった.
でもこれホントおいしいミカンです!

「山北」は標準語ではイントネーションが「-  ̄ - - 」だけど、

土佐弁では「  ̄ - _ _ 」という感じで発音する.

「や」が高く、「ま」が下がって、「きた」がそれより少しさがり、「ぎだ」まではいかない程度にやや濁り気味の発音.

微妙な発音、フォーッ! ^\(^o^ )/^

眞鍋かをりのココだけの話:
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

岩田さゆりさんのサイト

岩田さゆりさんのオフィシャル・サイトを、サイド・バーのお気に入りのサイト・リストに追加しました.

(*^O^*)/

ジャンプできます.

岩田さゆりオフィシャル・サイト
「Sayuri Iwata Official Site」:

http://www.sayuri-iwata.com/main.html
メニュー↓

・INFORMATION
・PROFILE
・DISCOGRAPHY
・イワタニッキ

「岩田さゆり official website」(所属事務所):
http://www.spacecraft.co.jp/iwatasayuri/index.html
「OFFSHOT」(和製英語?)の画像があります.

所属事務所「スペースクラフト・グループ」トップ・ページ:
http://www.spacecraft.co.jp/
「BON-BON BLANCO」さんと同じ事務所!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原昨日の朝の釣果

小田原の浜にて、49cm、1.24kgのイナダ1本なり.

40gのメタル・ジグにて、アシスト・フックにアッパーではなくて、エルボー(エルボウ?)でもなくて、フック!

(^-^ )☆\(^。^; シャレカヨ!

シャレダヨ!( ;^-^)/☆( ^o^)

え~、ちなみにボクシングで言う「フック」とは、ひじを曲げて側面から打つ攻撃だそうな.

前日はすごいナブラが立ったらしいけど...きょうはボラが跳ねるだけ.

昨日の情報を聞きつけてか、浜は大にぎわい.ところがナブラもなく、すぐに人影はまばらに...

でもワチキは釣ったのら~!\(^O^)/

i7da051114s2

仕事の合間なので、またもやヒゲボーボー...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.08

MUSA -武士-

DVDに録画しっぱなしで観てなかったので、仕事の合間に観てみた...

(^-^ )☆\(^_^; ハヨー、シゴトセンカイ!

感想は…映画の感想を超えて、人間の愚かさというか、アホさ加減を知らされた.

あの国もこの国も…いくら偉そうに言ったって、どこの国の人間も…昔っからまったく同じアホなことをやってきたんだ!

「七人の侍」「アラモ」「MUSA -武士-」・・・内容は微妙に違うけど、殺し合うのは同じ.

そして今も現実に世界のあちこちで同じことが起きている...

ここはやっぱ世界に向かって「女王の教室」の阿久津先生にご登場いただかないと.

いいかげん目覚めなさ~い!

なんだかむなしくなった時には「神との対話」!
ご存じかとは思うけど、これは宗教の本ではありません.
一(いち)ジャーナリストが、「自分の人生は何でこう、うまくいかないんだ!」という怒りをこめて、投函するでもなく手紙を・・・なんと神様宛に書いたところ、神様からの答えが、自動書記により返ってきて…対話が始まったという本です.
著者のニールさんが、みんなが疑問に思う様なことをたくさん質問していて、それに対して「神」から丁寧な答えが返ってくる.

この本のシリーズを通して、びっくりするような秘密(?)がたくさん明らかにされている.
人間、人生、宇宙、魂のこと、次元のこと、などなど!

ひとつだけ書かせていただくと、
「過去と現在と未来は同じひとつの<時>に存在する」(過去も現在も未来も、いま起こっている→すべての時は、現在である)...
「あなた(注:私達のこと)は時空のすべてのレベルに同時に存在している」

あ、二つ書いちゃった...

(^-^ )☆\(^。^; マ、イッカ!

読めば読むほど人を愛するようになるし、他人を傷つけることなど出来なくなるはず.なぜなら・・・読んでみて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

ピースシーサー

サントス・アンナさんのブログで「ピースシーサー」(2005-11-4)の記事の写真...笑えまっせ~!

このシーサー欲しい!

Wピース v(^O^)v をしたシーサーって珍しいですよね.
ホント、見ているだけで元気をもらえそう!

Santos AnnnaのAnnna Blog:
http://blog.so-net.ne.jp/santos-anna/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

寒い時期の蚊

季節が変わって、寒くなってきた時に部屋の中で蚊を見つけても…やっつけられないよね、なかなか.
なんかけなげに生きているんだなあと思って...
がんばれよ~!とエールまで送ったりして...

・・・・・

だのに!

3ヵ所も刺しやがって!!!
情けがアダたあ、まさにこういうことだね.

今度みつけたら絶対にやっつけてやる!…って思ってもなかなか見つからないんだよねこれが不思議と.
蚊の方も殺気を感じてどこかにクモ隠れ...

あ、蚊だから蚊隠れか...

(^-^ )☆\(^_^; シャレカヨ!

シャレダヨ!( ;^-^)/☆( ^o^)

(°-°)☆\(。。;) デモ「雲隠れ」ダゾ!

ソコマデユーナ!(;x_x)/☆( ・_・)

う~ん・・・やっぱあんときに、やっつけとけばよかった.

おにいちゃんめ、おにいちゃんめ!(アレキサンダーおりょう風に読んでね)

でも生き血を吸う蚊はメスだけだから、

おねえちゃんめ、おねえちゃんめ!

と言う方が正しいか...

今度会ったらエールぢゃなくてキンチョールを送ってやる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.04

インリン・オブ・ジョイトイの日記

サイド・バーのお気に入りのリストに

インリン・オブ・ジョイトイさん ご本人のブログ

を追加しました.

ジャンプできます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

麻木久仁子さんのコメント

サイド・バーのお気に入りのリストに

麻木久仁子さん のコメントが聞けるサイト、

松尾由美子さん の「A Letter For You」のサイト、

サントス・アンナさん のブログ

を追加しました.

ジャンプできます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卵かけごはん

きのう、松尾由美子さんが出ているので見ている某テレ朝の「スーパーJチャンネル」によると、最近「卵かけごはん」がブームなんだって?

いろいろなこだわりの卵かけごはんがあるもんだなあ、と感心してみていました.

ごはんの上で生卵を割る直接派と、ほかの器で前もって醤油と混ぜておく間接派(…と言ってたか定かではないけど)とがまずあって、そのあと様々なものをトッピングしたりと、実にバラエティーに富んでいた.

卵かけごはんのイベントで、最優秀賞が、シソの千切りをたっぷりとご飯にかけて、さらに柴漬けを入れ、卵をご飯の上で割り、すだちを絞ったしょうゆをかけて、すだちを添えて出来上がり...というおいしそうなものだった.
そのほかにもポン酢をかけたりソースをかけたり、トッピングにトマトだとか、半熟の卵かけご飯っていうのもあった.

おいらはというと…至ってシンプル!
前もって準備する派.

卵を割って、丹波から取り寄せた醤油を入れて、よ~くかき混ぜる.
それをやや少なめのご飯にかけてから、計ったことはないのではっきりしないんだけど、数分間(5分以上は確実)、箸でよくかき混ぜる.
混ぜて混ぜて混ぜて混ぜる.空気をたっぷりと入れて、よく泡立てる感じ.

そうすると、ふかふか・ふわふわのおいし~い卵かけごはんになる!
(^-^ )☆\(^_^; ジューブンコダワットルヤンケ!

卵ってビタミンCと繊維以外の栄養素(必須アミノ酸やミネラル)を豊富に持っているし、コレステロールを除去するんだって?
よお~っし、今朝は卵かけごはんにしおっと.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.02

イカの効能…

最近は、もっぱらアオリイカを釣っては食べ…してるんだけど、いったいどんな栄養があったんだっけと思っていたところ、きっかけがあったので(某フジテレビとはちゃいまっせえ)、
イカの効能…てか、イカに含まれるタウリンの効能を調べてみました.

タウリンの効能

◇目にいい

・視力回復、目の健康維持の効果

さすが!昔の人はなんでも知っていたんだなあ、と感心してしまう...

「目にはアオリ 山時鳥(やまほととぎす) 初松魚(はつがつお)」

だっけ?

(^O^ )☆\(^_^; チャウチャウ、ワンワン!

[メニューは?おばさん…」

だっけ?

(°-°)☆\(ーへー; オバカサン!

◇心臓、血液関係にいい

・強心作用
・血管の劣化や動脈硬化を防ぐ
・不整脈の改善
・血液をサラサラにすることで、狭心症、心臓病、脳血栓、脳梗塞などを予防
・心不全の治療
・心臓や自律神経の働きを良くする
・貧血予防
・血圧の正常化、高血圧の予防

◇コレステロール関係

・降コレステロール作用
・善玉コレステロール値の増加
・中性脂肪の上昇を押さえる
・コレステロール系の胆石を溶かす
・高たんぱくで低脂肪なのでダイエットに向く

◇疲労回復・精力増強
◇肝臓の解毒能力強化、アルコールによる肝臓障害改善
◇糖尿病予防
◇気道の収縮を抑制するので気管支喘息にも効果
◇新生児の脳の発育促進

また、が多いので…

◇造血効果
◇月経異常に効く

など.

■食品のタウリン含有量(mg/100g中)

イ   カ:   770
タ   コ:   830
シ ジ ミ:   110
ア サ リ:   380
ハマグリ:1080
カ   キ: 1130

上記含有量の資料は:
http://www.nava21.ne.jp/~uesugi/ken/seibun/taurin.htm

イカの筋肉に含まれるグリシン,アラニン,プロリンといった甘味成分のアミノ酸が多いと、甘くなって美味しいのだそうな.

イカの格付(甘み成分の多い順)

 1. アオリイカ(水イカ)
 2. ケンサキイカ(ヤリイカ・アカイカ)
 3. コウイカ
 4. スルメイカ(バカイカ)
 5. ソデイカ(セイイカ)

だいたい、この順においしさがきまり、値段もこの順になっているそうな!

上記資料:(どこかのブログ.すびばせん、URLがわからなくなってしもた)

まだまだたくさん効能、栄養などが書いてあるサイトはいっぱいあるんだけど、きりがないのでこのへんで.

でも、こんなにすごい効能があるタウリンをたっくさん持っているイカって…病気知らず?
(^-^ )☆\(^_^; アホカイ、アッタリマエヂャロ!

ホントカネ?( ;^-^)/☆( ^o^)

(°-°)☆\(。。;)シラン!

え~…なお、上のデータはいろいろなサイトで見たのを集めただけで、確認したわけではないので、医者でもないので、あくまで参考ということで...
焼餌法…こんなだっけ?(釣りのやり過ぎで日本語忘れてもた)(@__@;ゞ
・・・薬事法に問われても答えられませ~ん.

(°O°)☆\(ーへー; ニホンゴオッカシード!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.01

ロイヤル・セブンティーン

DVDを整理していたら、WOWOWで大分前に録画したっきり全然見ていないのがあった.
空のディスクがなくなってきたし、内容も知らなかったので消しちゃおうかな?と思いつつかけてみたら…

最初っからぐいぐいと引き込まれてしまった.笑いがいっぱい・・・そして最後には涙がぽろぽろ...
こころ温まるとてもいい映画だった.
「ロイヤル・セブンティーン」もち保存版にしました.

この手の映画はあまり見ないんだけど.観て良かった!
音楽はロック系の歌ものがたくさんありグー!特に2曲ほど欲しいと思うのがあり、探してみようと思う.
そういえば同系(?)のソフィー・マルソーの「ラ・ブーム」「ラ・ブーム2」は好きだったなあ(今でも好きだけど)...

「ロイヤル・セブンティーン」で検索して、レビューをみてみたら、結構評判だったのね...知らなんだ.

でも映画とか、本とか、音楽とかの批評って…いいことを書いてあるのしか読みたくない.
ひとそれぞれ感性が違うのだから、ぜんぜん違うところで琴線に触れて感動したりすることもあるのだから、結局は自分で観たり聴いたり読んだりして体験してみなければわからないと思う.

悪い批評を見てしまうと、少なからず影響をうけてしまって、そういうこころで向いてしまいがちになると思うので…好きではない.
(おいらは「いごっそう」だから、人が何と言おうと気にしない…て優香、ダメと言われるとよおっし!という前向きの気持ちになるので大丈夫だけどね)

みんな何らかのテーマを持って創作しているのだから…それを感じようとこころを向け、あるいはその中に入り込んで感じたりすれば、「悪い」作品はないと思う.
「好き・嫌い」ではなくて、「好き・そうでもない」位の分類になればいいと思うんだけど...

ロイヤル・セブンティーン (What A Girl Wants) 公式サイト:
http://www2.warnerbros.com/whatagirlwants/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

眞鍋かをり姉さんの歯歯歯(笑)

眞鍋かをりのココだけの話(ブログ、URLは下に)の「医学的根拠」(October 31, 2005)を見て、いやあ笑っちゃいました.

そー言えばおいらも…いい歯医者さんに巡り会えたので変えていません.向ケ丘遊園に住んでいたころ、駅の近くにある歯科医院で、根の治療を徹底的に丁寧にやってくれて、さし歯も安くていいのを入れてくれます.口を開けるのが楽なのも不思議です・・・信頼できるからなのかも!

その前に行っていたところなんて、さし歯を入れる時になると、高~~~い種類を言って色々と説明されて…あ、やっぱ高い方がいいんだ、という気分になってしまい(?マジック?)結局高いのを入れてあとで後悔.
なぜかまた短いスパンで治療に行かなければならなくなったりして...(?マジック?)

そこでのこと.
治療していた時に歯医者がマスク越しにちっちゃい声で…

「あ!」

と言うのを聞きのがしませんでした.
だっておいらはミュージシャン.耳はEんぢゃから!

え?なになに?どーしたの?

って聞きたいけど、口は開けっ放しなので話せない.
しゃべってもきっと、

「へ?はひはひ?ほーひはふへふは?」

としか言えなかったと思う.

そのあと、替わった助手が口の中の血を一生懸命に拭き取っていた...

・・・・・

そんなこんなで歯医者を上記の歯科医院に変えたんですが、真っ先に言われたのが…
「い~い歯を入れてますねえ!…でも高さが合ってないから他の歯に負担がかかってしまう…」云々.
それと、根の治療をちゃんとしてないから、すぐにまた悪化してしまうんだとも言われた.

前の歯医者の歯”カヤロ~!

でも小田原に越してから…しばらくは通っていたんだけど...根の治療がもう少しで終わるというころから行かなくなってしまった...痛くなくなったし...

・・・だって、遠いんだも~ん!!!

また痛くなったりしたら行くんだろうけど...
(°-°)☆\(ーへー; ソンナンデエ~ンカイ!?

眞鍋かをりのココだけの話:
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »