« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

SALA…あ~んど「ら抜き表現」

最近のテレビのCMで、超お気に…Kanebo(カネボウ化粧品)の「SALA」の沢尻エリカさん!!!

美しい!のひとこと.(*^_^*)/

下のURLでフラッシュ・ムービーが見れます.

「見れます」…って書いたら、「ら抜き表現」だとパソコンの辞書に怒られた.

しかし「見られます」って書くと別の意味に思えてならない.

「ムービーが見られます」だと、なんか遠くでものを言っているように聞こえるし、変な丁寧語だか敬語だかみたいに聞こえてならない.
「ムービーが見れます」ならば、あ~、見れるんだ!と思えるのは…私だけ?(だいたひかる風に読んでね)

「見ることが出来ます」って書けばAんだろうけど、ちと長いし.

オラにしてみれば、「見れます」の方がずっと身近に、ストレートに、強く聞こえるのでこっちの言い方の方が好きだ.

「言葉」は「ヒト」が生まれてからずっとあとになって出来たものだろうし、まして「文法」なんぞあとでとってつけたものだし、変化していくのも「あり」だと思う.

この「ら抜き表現」に関して思い出したことがある.
以前たしか、某TBSの朝の番組で某・超・有名司会者が、若者の「ら抜き表現」に対して「美しい日本語を守れ」…と、ドエライ剣幕で怒っていたけど・・・
その番組のひとつのコーナーに

「興味新新」 というのがある.

・・・・・

?????

これに対してはナンモ怒らんのけ?
子供達が見たらこれを覚えてしまって、テストの回答に書いてしまうんでないの?
子供→子どもって書けってか?(前回の記事「差別用語」参照)
書かねぇよ!

(^-^ )☆\(^_^; アラ、イゴッソーナノネ!

あ~、もうめんどいから、かんじをやめて…ずぇ~んぶひらがなにすれば?
しんぶん、よみにくそぉ...
「よみにくそぉ」もくぎりかたをかえればいみがちがってきこえて...これはわらえるかも?

(°-°)☆\(ーへー; ワラエマヘン!

最近は「ら抜き」よりも「ら入り」が問題になってきているんだとか...

んまっ、それよりも「SALA」のCMを!

SALA CFライブラリー #1〔ふりまくきれい☆目を覚ます〕篇:
http://www.sala-sala.jp/brand/cf/index.html

SALA オープニング・ページ:
http://www.sala-sala.jp/op.html

Kanebo トップ・ページ:
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

差別用語

今回の「きっこの日記」(「2006/07/26 (水) 差別用語のひとり歩き 1~6」)は、おらも同じような考えを持っているので、大いに共感するところであります!

前にも差別用語のことをどこかに書いた様な気もするけど...ダブっていたらアシカラズ.

特に、メディア界の世の中、やたらと「差別用語、不適切な言葉・表現・発言」だとかいってピリピリしているけれど、ほとんどアホぢゃ!

再放送でやっていた「バイオニック・ジェミー」で、セリフがピーピーと「P」ばかり入って、
下痢もしていないのに…何が何だかストーリーが全然わからないのがあった.
もう、ぶゎっかぢゃない!?

「看護婦」さんを「看護師」、「看護士」さんも「看護師」、
「スチュワーデス」を「キャビン・アテンダント」、「スチュワード」も「キャビン・アテンダント」
…これじゃあ女性だか男性だかニュー・ハーフなんだかわからないぢゃないか!

(  ( (((( \(;・・)/

「男女平等」とか声を大にして言うおばか3な人たちがいるけど、男は子供を産めないんぢゃ...残念ながら...(?)
あきらかに違うではないか!
男と女は同じぢゃないんぢゃい!
違っていてEぢゃないか!
ち・違う方がAぢゃないか!

(°-°)☆\(ーへー;

そうそう、「子供」も差別用語だって?!

えっ!「子供」って差別表現だったの!?:
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/kodomo.html

もうこうなったら大ばか3(さん)としか言いようがない.
いや、1個増やして大ばか4(よ)ぢゃ!

(^-^ )☆\(^_^; アンサンハ、オオバカ8!

そんなことを言っていたら、この「ばか」だって「アホ」だって「お利口」だって差別用語になるんでないかい?

「五体満足」も当然そうだろうし…しまいには「普通」だって差別用語になりそうだ.
「差別用語」って分けてること自体が差別なんぢゃい!

「○○が不自由な…」・・・どういう風に不自由なのかわからんぢゃないか!
昔の言葉を使えばひとことでわかるのに、これではその「不自由」なことに関して理解するのに余分な会話が増えて、
かえって嫌な思いをさせるのではないのか?

「もう…ばかぁ」ってかーいー女の子に可愛く言われれば嬉しくなるし、
やなヤツに「ばかやろが」って言われたら…小声で言われても腹が立つ.
(べ・別にやなヤツでなくても、嫌みな気持ちで言われたら同じ様に腹が立ちまっせぇ)

要はその言葉を使う人のこころ、意識の問題なんでないかい?

言葉について教育する前に、こころの持ち方の教育をしろ!と言いたい...言ってるけど.

;-_ー)/ ☆(^-^ )☆\(。。;

もうこうなったら言葉を一切、すべてなくして、

テレパシーでやりとりしたらAんとちゃうか?!

「きっこの日記」:
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/
「2006/07/26 (水) 差別用語のひとり歩き 1~6」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.20

映画「輪廻」(主演:優香)

優香さんが大好きで、昨日DVDを購入して観ました!
か~Eかった!

(^-^ )☆\(^_^; ソ・ソッチ?!

どんでん返しがあり、ストーリー的にもきちっとした映画だった.
怖さもそれなりに.

おいらは…本物の幽霊を何回も見ているので...本当は怖さは違うんだけど、映画的に作ればこれでEんだろうなと思う.
おいらの経験では、本物(幽霊)を見る時には…脳波がまどろみ状態の時(シータ波)なので、見た時点では「あれ?」って感じで、だんだんと意識がはっきりとしてきた時に、どう考えてもおかしい...それで、ゾ~ッっとなる.
何十年も昔おいらがまだかーE子供のころ、大川橋蔵主演の銭形平次(テレビ・ドラマ)で「幽霊駕籠」というのがあり、犯人を捕まえるために幽霊に化けて(ナ・ナンノコッチャ)駕籠に乗り、無事犯人を捕まえることが出来て喜び、
「おまえのあの幽霊役でうまくいった」

「あれやだよ、あたしは都合が悪くなって行けなかったんだよ」

「ぢゃ・ぢゃあ、あれは・・・?!」

みたいな内容だったと思う.
これは子供なりにこわかった.
でも、おいらが本物を見る時ってまさにこんな感じ!

コワイ話・・・下記を参照してください.
当ブログ:カテゴリー「釣り」2005.08.06「クロダイ釣りはコワイ(第4話)」

ナニハトモアレ、優香さんは演技もとてもよかった!

優香くらぶ:
http://www.yuka-club.com/
デジタル・ファンクラブに入るとオフショット写真集があり、かなりマメに更新されるのでその数はすごいでっせぇ!
ご本人の「お絵描き日記」もあります.

「輪廻」公式ページ:
http://www.j-horror.com/rinne/

「輪廻」特設サイト:
http://www.walkerplus.com/movie/special/rinne/index.html

Jホラーシアター:
http://www.j-horror.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

天気予報って笑えますよー(2)

某・国影放送(な・なんか「きっこ」さんみたいな書き方?)の天気予報なんだけど...

気象予報士さんが・・・

異常ぉ~に長く画面の方を向いてしゃべっていたり、異常ぉ~に長く隣のアナウンサーに向いてしゃべっていたりして…す・好きなのかな?と思ったりして...誰に天気予報しとるんぢゃい!…って感じで、いわゆる「カメラ目線」になるのが民放に比べてかなり遅い.
これは結構笑えまっせぇ!

Ψ( ^∀^ )Ψ ア~ハハ!

今度そういう目でみてみて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

サスペンスの脚本家

どうにかならんのかねぇー、日本の2時間もののテレビの「サスペンス」と謳っているドラマ...

そもそも辞書をみると、

サスペンス=小説・映画などで、物語中の危機が、読者・観客に感じさせる不安・懸念・緊張感.

…ってあるぞぉ!

ずぇ~んずぇん「サスペンス」・・・伝わってこないんですけどぉ.

大体、どの時間から見始めてもストーリーはわかるし...(終わりの20分見れば全部わかる)
部屋に入っていたら殺されていたとかいうシーンから始まって...
だれが何時にどーしたとか、完全なアリバイやら密室殺人やら...
警察のホワイト・ボードでの説明とか、とにかく説明ばっかし.
最後は崖っぷちにみんな集まるし、回想シーンで話をつなげるし...
回想シーンで悲しい話をされても、ちぃ~っとも悲しくないんですけど...
そんなところで説明をしとらんで、早く逮捕して取調室でちゃんと取り調べなさい!
「サスペンス」ぢゃなくって、

「謎解き番組」

とかいう方がよっぽど近いんぢゃないですかぁ?
おまけに、もうこの辺で終わってもEんぢゃない?と思っても、まだまだ最後の最後まで話を続ける.

はっきし言って、テーマがないんだと思う.
てか、テーマは謎解き!
これがそういうレベルを作りだしてしまっている原因だと思う.

たとえ犯人が最初からわかってしまっても、まずは回想シーンをやめて、どうして事件を起こすことになってしまったのかとか、
そういった部分(時間or時代)からきちんと描いていく方がよぉ~っぽど感動や緊迫感がありそうなんですけど.
(といっても全部が全部そぉなってもどーかと思いますが)

んまっ…早い話が、見なきゃえぇんだけどもさ!

でも、好きな女優さんが出ていると…ついつい見てしまって...
すぇ~っかく作るのなら、EもんをつくればEのに...
前にもこんなこと書いたと思うけど・・・あちゃらのすごい映画を観る度に思ってしまう.
(だからまた書くかもね)

(  ( (((( \(;^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

村主千香さんの画像(20)

村主千香さんご本人からメッセージと写真が届きました!

村主千香公認サイト「 Eternal Steps 」:
http://chika-steps.cute.coocan.jp/

メニュー画面~「For You」~「Message 11」、
「Gallery 03」をクリックしてご覧ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.07

映画「INTO THE BLUE(イントゥ・ザ・ブルー)」

「ダーク・エンジェル」や「ダンス・レボリューション」などでのジェシカ・アルバが好きで、この映画で主演だったのでDVDを購入して観た!

みどころがいっぱいで、サイコー!
彼女はたくさん見れるし(主演だから当たり前か...)、サスペンスフルだし、どんでん返し(?)もあるし、海はきれいだし、魚もおもしろいし、サメも怖いし!!!!!
続けて2回も観てしまった.

(^-^ )☆\(^_^; シゴトヲシナサイ!シゴトヲ!

フォックスジャパン:
http://www.foxjapan.com/movies/intotheblue/

ソニーピクチャーズ(日本サイト):
http://sonypictures.jp/homevideo/intotheblue/title-navigation-3.html

ソニーピクチャーズ(あちゃらサイト):
http://www.sonypictures.com/homevideo/intotheblue/index.html

イントゥ・ザ・ブルー@映画の森てんこ森:
http://www.coda21.net/eiga3mai/text_review/INTO_THE_BLUE.htm

ジェシカ・アルバ・ファンサイト(ブログ)…
「ジェシカ・アルバ News!~毎日最新画像をUPするブログ~」:

http://ameblo.jp/jessica/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

映画「オープン・ウォーター」

昨日 WOWOW で「オープン・ウォーター」という映画をやっていたので、DVD に録りつつ観てしまった.

(;・-・ )☆\(^o^; シゴトヲヤランカイ、シゴトヲ!

いやぁ~、これはキツい映画だぁ~...
どんな映画でも、最後に希望が持てる作品とか、たとえ悲しい結末でも...もしかしたらそのあとに幸せが来るのかも?と考える余地のある作品とかが好きなんだけど...

この映画は夢も希望もない...

でも待てよ・・・

もしかしたら…

いや、ある意味その反対なのかも...

よく病気になって始めて健康の有り難さがわかる…という、あれ.
それに似ているかも.

(°-°)☆\(ーへー; アレカソレカ、ドッチナンヂャイ!

もうずぇ~~~ったいに海では泳がないぞ!と思ってしまう作品だ.

(^-^ )☆\(^_^; ムカシノヨウニハ、オヨゲナイクセニ!

ある夫婦がやっとの思いで無理矢理バカンスを取り、ダイビングに行ったところ…その二人が海の真ん中に置き去りにされてしまった.
この映画は、なんと実話に基づいたものだそうだ!
(実話そのものではないとのこと.…だって、実話は…行方不明のままらしいので、内容を確かめ様もない!!!)

CGやスタントは一切使わず、サメはすべて本物が登場!
俳優のまわりにエサを撒いてサメをおびきよせて撮影したらしい!

ネットでレビューを見てみると、レイによって酷評をするヤカラもいたけれど、大半は、本物のサメという緊張感が評判になって世界的に大ヒットした、という内容が多かった.

nま、人がどう思おうが構わないんだけど...

;-_ー)/ ☆(^-^ )☆\(。。; ホンヂャァレビューナンゾミルナ!

しかし…あらためて、「普通」に生活できることへの感謝の気持ちを思い出させてくれたのは事実です!

「オープン・ウォーター」公式サイト:
http://www.openwater-movie.jp/

「オープン・ウォーター」作品紹介サイト:
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5178
http://cinema.kansai.com/C0000289
http://www.eiga-kawaraban.com/05/05062201.html
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/4222/films/04/openwater.htm
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=320853
http://www.apple.com/jp/quicktime/trailers/me/openwater_large.html

おらは一度海で死にそうになったことがある.
内容は違うけれど、この映画ではそれをはるかに上回る怖さを感じた...
(当ブログ、カテゴリー「釣り」、2005.07.12「クロダイ釣りはコワイ(第3話)」を参照)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.03

映画「ダニー・ザ・ドッグ」

昨日 WOWOW で「ダニー・ザ・ドッグ」という映画をやっていたので、DVD に録りつつ観てしまった.

(;・-・ )☆\(^o^; シゴトヲヤランカイ、シゴトヲ!

主演のジェット・リーの武術が本物なので前から好きで、主だった作品はDVDを購入している.
(武術の「本物さ」は下記のプロフィールを参照)

今回の「ダニー・ザ・ドッグ」もアクションがすごかった!
その上にストーリーも愛というか、ヒューマンを感じさせるものがあり、なかなかの見応えだった.
助演にモーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドンほか.脚本がリュック・ベッソン!

映画も音楽もなにもかも…自分が「いい」と思えば「いい」のだ~!

何が好きかは・・・

「自由だ~!」(犬井ヒロシ風に読んでね)

「ダニー・ザ・ドッグ」:
http://dannythedog.jp/

ジェット・リー(プロフィール):
http://www.fmstar.com/movie/j/j0027.html

ジェット・リー(公式サイト):
http://www.jetli.com/japan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村主千香さんの画像(19)

村主千香さんご本人からメッセージと写真が届きました!

村主千香公認サイト「 Eternal Steps 」:
http://chika-steps.cute.coocan.jp/

メニュー画面~「For You」~「Message 10」、
「Gallery 03」をクリックしてご覧ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.01

こら、法律家!

ニュースやドラマに出てくる度に思うんだけど...「時効」って何だよ、「時効」って!

ある辞書によると…

【 時効 】
一定の事実状態が長期間継続し、真実の法律関係を調査することも困難となり、また、たとえ調査できても、これに基づいて永続した状態を覆すことが不当だという場合に、真実の法律関係にかかわらず、永続した事実状態を合法化する制度.

とある.

「これに基づいて永続した状態を覆すことが不当」?

【 不当 】
道理にはずれたこと.

【 道理 】
物事のそうあるべきすじみち.人の行うべき正しい道.

はぁ~?
なぜ不当なんだよ?

殺人事件で言えば、

たとえ人を殺しても、15年間逃げ切れば…その「逃げた」状態を覆すことは人の道から「はずれる」

ということ!?

・・・・・

意味わかんないんですけど...

人を殺しても、15年間逃げ切ればセーフってか?
まるでゲームぢゃん!?
15年経ったらその事実がリセットされるとか、殺された人が生き返るとでもいうのならまだしも...

・・・・・

ぢゃ、なにかい?

時効寸前に逮捕されたら、それまで逃げおおせた日数を差っ引いて、時効までの時間だけ刑務所に入ればええんかい?
nなわけないよね?

時効寸前に逮捕されたら、アウト!
で、そこから普通に裁判が始まる…っていう意味がわからない.
あと1時間で「逃げている状態を覆すことが不当」だと言うときが来るのに、その直前につかまったら「不当ではない」ことになる...
「ある時」突然「不当」になり、それまでは不当ではない.

やっぱりどう考えてもおかしい...

そもそもなぜ「時効」が必要なのか?
「人を殺した」という事実が15年経てば消えてしまうっつ~の?
nなわけないだろ!?
15年経ったら犯人は「やった~!」と思うんだろうね、きっと.

それでいいの?

この法律って、遺族のひとたちのことはちっとも考えてない!
遺族にとっては、15年前に起きた事件だって、まるで昨日起こったのと同じように鮮明に事実が存在しているんだよ!

こんな法律なんて…まるで殺され損ぢゃないか!
法律っていうのは犯人をかばうためにあるんかい?
何度も言うけど、
なぜ「時効」が必要なのか?

・・・・・

もしどうしても必要だっていうのなら…

殺人事件の時効...3,000年位にすれば!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »