« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

夏帆さんのブログ!!!(2)

夏帆さんのブログ、今年最後の更新記事を掲載中.
毎週土曜日が担当の日だそうで、今年の4月からきっちりと更新されてます.
ヾ(´∀`)ノヾ(´∀`)ノ

KAHO'S BLOG :
http://mycasty.jp/stardust_kaho/

しかし…夏帆さんってまだ15才なんだねぇ...(しみじみ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

いわゆる…

昨日の雨はすんごかったぁ...
天気予報の番組で天気図を見ても、まるで台風!
そしたら某天気予報でアナウンサーが、

「こういう低気圧を、所謂(いわゆる)『爆弾低気圧』といいますが・・・」

みたいなことを言っていた!

・・・・・

な・なんかヘンぢゃないか?

そう思って二つの辞書を引いてみた.意味は、

所謂(いわゆる):世に言われている。世間で言う。俗に言う。よく言う。普通に言う。

と、ある.

やっぱし!

「所謂(いわゆる)『爆弾低気圧』・・・」

ってヘンだぞ!

『爆弾低気圧』なんて言葉、ん・十年生きてきたけど始めて聞いた言葉だぞ!

だから「こういう低気圧を、『いわゆらない』『爆弾低気圧』といいますが・・・」
と言って欲しい!!!

(^◇^ )☆\(^O^; ソレモオカCヂャン?!

おらは…A型のせいか、それともかつて広告代理店で
『いわゆらない』「ゲラハイ」(校正…原稿などをチェックすること)
をしていたせいか、ミス・プリや言い間違いなどにすぐ気付く癖がついてしまった.

さらに思い起こせば・・・

おらが小学生のころ、日本舞踊のテレビ番組を見ていた祖母が、
「あ!この人、(踊りの)足(運び)が間違(まちご)うちゅう」(まちごうちゅう…は土佐弁で「間違っている」の意)
と、しきりに言っていたのを良く覚えている.
ど~でもEぢゃん!と思いながら聞いていたのを覚えている.
ちなみに、祖母もA型で日本舞踊をやっていた.

思えば、これがおらの「間違い即発見」(?)的性格が形成されてしまった大元の様な気がしないでもない様なある様な...

(・-・)☆\(ーへー; ハナシガヤヤコシー!

あ、テレビや本を見ている時以外はこの能力(?)は出てこないからね!
普段の会話でいちいち敏感になっていたら、ホント、「やなヤツ」だもんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

夏帆さんのブログ!!!

残念ながら、コメントやトラック・バックは出来ませんが...

KAHO'S BLOG :
http://mycasty.jp/stardust_kaho/

下記からも同様に見れます.

STARDUST GIRLS BLOG 「スタ☆ログ」(夏帆):
http://mycasty.jp/stardust_girls/html/category/c_2_27575.html

同トップ・ページ:
http://mycasty.jp/stardust_girls/

オフィス
STARDUST PROMOTION(夏帆):
http://www.stardust.co.jp/talent/55.html

同トップ・ページ:
http://www.stardust.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

時の流れに...ビックリ

何日か前に夜釣りをしていた時の話.

ずっと遙か沖の彼方に漁師の船が操業をしていたのがなんとなく視界に入っていた.
すると、突然船のあかりが激しく点滅を始めた.
パッ・パッ・パッ・パッと、およそ1秒間に4回の速さでずっと点滅を続けている.
So !(「ですよ。」風に発音してね)まるで1小節4秒の16ビートだ.
きっと何か異常事態が起こっての救難信号なのかそれとも…
ま・まさか船長が16ビートで乗っているんぢゃないだろな...

(^◇^ )☆\(^O^; シャレテルバヤイヂャナイゾ!

それが何分か十何分か続いたあと、やがてあかりは消えてしまった.
はたしてその船が沈没してしまったのか、事態が修復できたのか、そういう釣り方だったのか、遊びだったのかは知るよしもない.
なぜ知るよしもないかは…知るよしもない.

(・-・)☆\(ーへー; ・・・・・

まさか泳いで助けに行くワケにも行かないし...
第一、助けに行く前に自分が助けられなきゃいけない!

(  ( (((( \(;・・)/

おらがその昔の中学時代には、土佐の海で素潜りで魚を突いたりして遊んでいた.
疲れたら仰向けで海にプカプカ浮いて休みまた潜る、というのを繰り返して.
泳ぎはそんなに早くはないけれど、潜水は得意だった.
そんなおらが…2・3年前に釣り仲間に誘われて海水浴場に泳ぎに行った.

ところぐゎ~~~ッ!!!

海に入ってみてビックリ!!! (◎O◎;

足が立たない所までちょっと泳いだだけで、ハァー・ハァーと息が苦しい!
な・なんぢゃこりゃ~~~ッ!
あわてて立てる所まで戻った.
体力が無い!!!

もう何十年も泳いではいないけれど、一度自転車の乗り方を覚えたらいつでも乗れるのと同じように、ずっと泳げるものと信じていた.

そういえば、子供が溺れるのを助けに飛び込み、たいてい助けに入った人が死んでしまうニュースを毎年の様によく耳にするけれど、なんでなんだろと思っていた.
それがこういうことだったんだと、よぉ~っくわかった!
昔泳げたので今でも泳げるんだと過信して、助けに飛び込んでみて始めて自分に体力がないのに気がつき・・・ということなんだ.
もっとも、泳げなくても助けに飛び込むだろうけど...

それ以来、特にひとりで釣りに行く時には なるべく ライフ・ジャケットを着用していましたが、最近は友人と行く時にもいつも着用しています.
転ばぬ先の杖、転んだ後の後悔、溺れぬ先のライフ・ジャケット、溺れてひとりで航海...

;-_ー)/ ☆(^-^ )☆\(。。; シャレカヨ!

シャレダヨ!( ;^-^)/☆( ^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.12

冬だというのに敵キャラ襲来!

もう12月も半ばになろうとしているのに、クモさんが遊びに来てくれました.
クモさんと言っても友人のkumo(http://store.yahoo.co.jp/kireininare/…「きれいになれ」の管理人)ではありましぇん.
年に何回か遊びに来てくれるハエトリグモのクモさんです.

(^◇^ )☆\(^O^; ハナシヲヤヤコシクスルナ!

このクモさん、カーソルを追いかけ回すので…かっわい~ッ!

9mo0612 (←クリックで大きい画像になります)

ちなみに友人のkumoは…○○を追いかけ回したりはしとりませんッ!

(^-^ )☆\(^o^; 「○○」ッテナンヂャイ!?

現在は○○を追いかけ回すどころか、仕事に追いかけ回されとりま.

(・o・;ゞ フォロー、フォロー!

(°-° )☆\(^O^; nダカラ「○○」ッテナンヂャイ?

当ブログ・カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の(2006.3.21)の記事「早くも敵キャラ(?)出現!」
にハエトリグモ関係のサイトをいくつか紹介しているので、興味のある方はご覧下さい.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.07

ピンクのネグリジェ

ん~・・・なんとイロッぽい響きなんでしょ!

しかぁ~しッ、これが恐怖の体験だとは知るよしもなかった.
なぜ知るよしもなかったかは・・・知るよしもない...

(^◇^ )☆\(^O^; ハヨススメンカイ!

もう20~25年位前?のこと、故・親父と船のアジ釣り狙いで千葉県内房の金谷に行った.
馴染みの釣り餌店の紹介で、某ホテルに泊まった.

このホテルがなんとなく不気味な感じで、二階の部屋に入ったらなんだかワサワサ、ワ~ンという様な音が聞こえる気がして気味が悪い.
故・親父が風呂に行くと言ったけれど、気持ち悪い気がしておらはやめた.
帰ってきた親父が言うには、誰もいない風呂でヒソヒソ、ワイワイと何人もの話声がしていたと...

や・やっぱし!

次の朝が早いので寝ることにしたけれど、なんとなく怖い気がしていたのでテレビと電気をつけっぱなしで寝た.

この時はこれだけだった.
恐ろしいのは次の釣行の時.

今度は一人で金谷に行った時、同じく宿泊を頼んだら…ま・またも同じホテルになってしまった...
やっだぁ~!一人であのホテルに泊まるなんて...って言ってもしょーがないのでそこへ行った.

前と同じ部屋だった.

こわいよ~...

やはり前と同じような音だか声だかが聞こえる.
窓を開けて外の音を聞いてみると、ただ波の音がザ~ッと聞こえるだけ...
窓を閉めると…ワ~~~ンと聞こえる.波の音ではない.

こ・こわいよぉ~~~...

それで前と同じ様にテレビの音を大きく、ずっとつけっぱなしにした.
そうだ懐中電灯の電池が切れていたんだっけ、と思い出したので買いに行くことにした.
ホテルと言っても部屋は旅館の造りになっていて、ドアは引き戸になっている.
それで引き戸を開けて左の階下に行こうと足を踏み出したら、向かいの端の部屋からなんと・・・

ピンクのネグリジェの女性が出てきた.

きゃ~ラッキー!色っぽほぉ~い~ッ!

ヽ(^∀^*)ノ \(*^O^*)/ ヽ(*^∀^)ノ

(^◇^ )☆\(^O^; コラコラ!

思わず悪いと思って身体をドアの内側に隠してしばらく待った.
その女性は部屋を出てから、すぐ隣にある階段を上がって行った.

(°-°)☆\(。。;) シッカリミトルヂャナイカ!

もう大丈夫と思って、その階段の方に行った.
なんとなく女性が上がって行った上り階段の方を見ると、上は真っ暗.
え?と思ったけど・・・あえて深く考えないことにした.

外に出てからホテルを見てみると、三階から上は階段も部屋もぜんぜん電気がついてない...
・・・と思ったけど...深く考えないことにした.
でも背筋にぞ~~~と悪寒が走った.
オカァ~ン!(お母さんの意)

(^◇^ )☆\(^O^; シャレカヨ!

シャレダヨ!( ;^-^)/☆( ^o^)

シャレでも言わないと怖いぢゃん!!!

電池を買って部屋に戻り、更にテレビの音を大きくして無理矢理眠った.
翌朝目が覚めると、あ・あれ?

入口の戸が9cmほど開いている.....

(* -* )☆\(・O・ ; コマカイコト!

だ・・・だって、当然ながら帰ったときに戸を閉めて鍵をかけたのに.....

ゾヮ~~~ン!

誰が入って来たんだ?
などと考えるのもやめて、即ホテルを後にした.

この時の釣りがどうだったのかは何も覚えていない.

恐怖は更に家に帰ってからも起きた!

故・親父に、「またあのホテルに泊まったんだけど、あのねぇ...」
と話を続けようとしたら…故・親父がすかさず、

「ピンクのネグリジェだろ」

と言った!!!!!

きゃ~~~~~ッ!!!!!!!!!!

ヾ(   )ノ゛ヾ( ゚д)ノ゛ヾ(゚д゚)ノ゛

ヾ(д゚ )ノ゛ヾ(  )ノ゛━━

━━ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙━━!!

故・親父の話では、前回一緒に行った時に・・・
トイレで用を足していると、なんとピンクのネグリジェの女性が入って来たんだって.

故・親父も見ていたんだ、ピンクのネグリジェ!

あとで聞いた話によると、その女性が出てきた部屋に心中死体を置いたことがあるらしい.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »