« 冬だというのに敵キャラ襲来! | トップページ | 夏帆さんのブログ!!! »

2006.12.15

時の流れに...ビックリ

何日か前に夜釣りをしていた時の話.

ずっと遙か沖の彼方に漁師の船が操業をしていたのがなんとなく視界に入っていた.
すると、突然船のあかりが激しく点滅を始めた.
パッ・パッ・パッ・パッと、およそ1秒間に4回の速さでずっと点滅を続けている.
So !(「ですよ。」風に発音してね)まるで1小節4秒の16ビートだ.
きっと何か異常事態が起こっての救難信号なのかそれとも…
ま・まさか船長が16ビートで乗っているんぢゃないだろな...

(^◇^ )☆\(^O^; シャレテルバヤイヂャナイゾ!

それが何分か十何分か続いたあと、やがてあかりは消えてしまった.
はたしてその船が沈没してしまったのか、事態が修復できたのか、そういう釣り方だったのか、遊びだったのかは知るよしもない.
なぜ知るよしもないかは…知るよしもない.

(・-・)☆\(ーへー; ・・・・・

まさか泳いで助けに行くワケにも行かないし...
第一、助けに行く前に自分が助けられなきゃいけない!

(  ( (((( \(;・・)/

おらがその昔の中学時代には、土佐の海で素潜りで魚を突いたりして遊んでいた.
疲れたら仰向けで海にプカプカ浮いて休みまた潜る、というのを繰り返して.
泳ぎはそんなに早くはないけれど、潜水は得意だった.
そんなおらが…2・3年前に釣り仲間に誘われて海水浴場に泳ぎに行った.

ところぐゎ~~~ッ!!!

海に入ってみてビックリ!!! (◎O◎;

足が立たない所までちょっと泳いだだけで、ハァー・ハァーと息が苦しい!
な・なんぢゃこりゃ~~~ッ!
あわてて立てる所まで戻った.
体力が無い!!!

もう何十年も泳いではいないけれど、一度自転車の乗り方を覚えたらいつでも乗れるのと同じように、ずっと泳げるものと信じていた.

そういえば、子供が溺れるのを助けに飛び込み、たいてい助けに入った人が死んでしまうニュースを毎年の様によく耳にするけれど、なんでなんだろと思っていた.
それがこういうことだったんだと、よぉ~っくわかった!
昔泳げたので今でも泳げるんだと過信して、助けに飛び込んでみて始めて自分に体力がないのに気がつき・・・ということなんだ.
もっとも、泳げなくても助けに飛び込むだろうけど...

それ以来、特にひとりで釣りに行く時には なるべく ライフ・ジャケットを着用していましたが、最近は友人と行く時にもいつも着用しています.
転ばぬ先の杖、転んだ後の後悔、溺れぬ先のライフ・ジャケット、溺れてひとりで航海...

;-_ー)/ ☆(^-^ )☆\(。。; シャレカヨ!

シャレダヨ!( ;^-^)/☆( ^o^)

|

« 冬だというのに敵キャラ襲来! | トップページ | 夏帆さんのブログ!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れに...ビックリ:

» スキニーデニムなんでも考察 [スキニーデニムはおしゃれ!スキニーデニムはどこで買う?]
スキニーデニムはどこで買えばいいのかなあ? やっぱりいいのは海外物? [続きを読む]

受信: 2006.12.17 17:47

« 冬だというのに敵キャラ襲来! | トップページ | 夏帆さんのブログ!!! »