« ごきぶりは吸血鬼? | トップページ | Dr.マシリト »

2007.06.05

羽田健太郎さんへ

かつて仕事仲間だったピアニストの羽田健太郎さんが亡くなられてしまった...
こころからご冥福をお祈りいたします.

超絶技巧の持ち主で、スタジオ・ミュージシャンでご活躍のころには引っ張りだこだった.
私も、スタジオでは何度も何度も何度も何度もお世話になっていた.彼との作品も数十曲ではきかない.

そのころは「ハネケン」と呼ばれ、みんなに親しまれていたのが…いつからかテレビに進出され、各方面でご活躍されだしてからはスタジオではお会いしなくなってしまった.
人づてながら、テレビに出だしたころからか(?)その愛称の「ハネケン」と呼ばれるのを嫌がっていたとか...
きっと新しい自分にしたかったのかな?とか思ったけれど・・・それも、どうなのか今となっては聞く機会もなくなってしまった.

でもぼくらにとってはやっぱり「ハネケン」で、「ハネケン」と言えば、あの超絶技巧のピアノ…という風にシンクロする.

かなり古い話だけれど、
1977年にそのころのスタジオ・プレヤーのトップ・ミュージシャンに電話して集まって貰って遊んだことがあった.
スタジオ代もプレヤー代もミキサー料もアレンジもみんな無料で、お酒を飲みながら演奏してもらった.
そりゃあもう楽しかったし、抜群の演奏だった.思い出しても懐かしくて、胸が熱くなる.

(ごく一部ですが)
その時の演奏を聴いて、羽田健太郎さんを偲びたいと思います.
演奏は1回試しに弾いてもらったあと(「テスト」と言います)2回目に録音したもの(「本番」と言います)で、アド・リブが…すごい!としか言いようがない.
「ハネケン」はもうベッロンベロンに酔っぱらっていて、身体が揺~らゆらしていたのが、演奏が始まるやいなや、ビシッとして…およそ「飲んだ」とは思えない姿勢と演奏だった.
そのギャップに、みんなが思わず吹き出したのを覚えている.

もっともっと一緒に仕事をしたかったのに、それも叶わなくなってしまった.
たくさん良い仕事をありがとう!
どうぞごゆっくりとおやすみください.
でももしかしたら、そっちでも弾いているのかな?

ハネケンのピアノ:
http://homepage3.nifty.com/2ri-ex/sounds/haneken-pf.htm
(個人で楽しむ以外は転載・コピー等使用禁止)


(↓ニュースなので、記事がなくなる場合もあります.)

gooニュース
「ピアニスト羽田健太郎さんが死去」:

http://news.goo.ne.jp/topstories/entertainment/20070604/504eda60d749f81c78bdd6df4db49079.html?fr=RSS
スポニチ
「羽田健太郎さん肝細胞がんで死去」:

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/06/05/10.html
exciteニュース
「題名のない音楽会」司会の羽田健太郎さん死去:

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20070604170505/Fuji_EN_320070604000.html

|

« ごきぶりは吸血鬼? | トップページ | Dr.マシリト »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田健太郎さんへ:

» 追悼 羽田健太郎先生 [Valiant Duet]
作曲家、ピアニストの羽田健太郎先生が2日、肝細胞がんでお亡くなりになられたそうです。 伊福部昭、宮川奏、宮内國郎といった方々に続いて…と言うには余りに早過ぎる、実に残念な限りです。... [続きを読む]

受信: 2007.06.05 12:13

« ごきぶりは吸血鬼? | トップページ | Dr.マシリト »