« 謎の漂流物!?…クロダイ釣りはコワイ(第5話) | トップページ | 宇賀なつみさんの画像・写真(2) »

2009.05.07

灯台に縛られて…クロダイ釣りでなくてもコワイよよよ...(2)

やはり30年近く前の話.
故・親父と友達のコンちゃんとの三人で、南房総の千倉(ちくら)の堤防に釣りに行った.
正月の寒~~~い時で、おまけに雪が降って来て...風が…ハンパなくビュービューと吹いていた.
せぇっかくはるばるとやってきたのに故・親父とコンちゃんは、さみぃ~から旅館に泊まるゎと言って竿も出さずに堤防を離れてしまった.

夕方、一人残されたおらは…やる気十分!
狙いは、セイゴ・フッコ・スズキ.
それにしても風がビュービューなので、荷物が飛ばされないように、すべての荷物にヒモを通して固定した.

そのうち、さらに風が強くなり…自分もゆらっと風に飛ばされそうになる程強くなった.
こりゃ危ないと思い、灯台にぐるりと二重にロープを巻き付け、自分にもぐるぐると巻き付けて身体を固定した.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ~!

もちろん(?)、ほかには人っ子一人いない!
でも一人で釣りをするのが好きなので、これ幸い.
ぶっ込み仕掛けを作って港内に向かって投げた.
しばらくしてあげてみると仕掛けがぐちゃぐちゃ.
何度となく、ぐちゃぐちゃ.
どうやら海が荒れて底がもんでいるようだ.
そらそーだよなぁ…こんだけ吹いているんだから、いつもは静かな港内も波打っているし.
それでハリスの途中に小さなウキを付けて、針先が浮くようにしてみた.
遊動仕掛けなのでこのようになったんだけど…底オモリにすれば簡単な話だったなぁ、などとあれやこれやと考えながら投入を繰り返した.

 

雪が舞い、風はビュービュー.ピューピューではなくてビュービューだ!

 

いったいどれほどの時間が経ったのか?
いつの間にか眠ってしまっていた自分に気がついた.
灯台にくくりつけ、ぐるぐる巻きに固定した身体から手を伸ばして尻手(しって)(…竿が魚や風で海に落ちても大丈夫なように竿尻につけるロープ)をつけた竿を取り、仕掛けをあげてみると...

やったぁ!

40cmオーバーのセイゴというかセイゴのお兄さんというかフッコの弟?が釣れていた!

その後、ぐるぐる巻きの身体のまんま、また眠ってしまった.

 

「お~い、生きてるかぁ~」

の声に目が覚めて、見ると向こうの方から故・親父とコンちゃんがやってきた.
もう風もおさまり、雪もやんでいた.
ぐるぐる巻きのまんま手を振ると、

「お~、生きとる生きとる!」

結局夜釣りでは、あとにも先にも釣れたのはこの1匹だけ.
しかし、トライすることに意義がある.
極寒の中、危なかったけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ~!

 

よい子のみんなは、まねしないでね!

v(^∀^ )☆\(^∀^; オマエガUナ!

 

|

« 謎の漂流物!?…クロダイ釣りはコワイ(第5話) | トップページ | 宇賀なつみさんの画像・写真(2) »

コワ~イ話」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93179/44931066

この記事へのトラックバック一覧です: 灯台に縛られて…クロダイ釣りでなくてもコワイよよよ...(2):

« 謎の漂流物!?…クロダイ釣りはコワイ(第5話) | トップページ | 宇賀なつみさんの画像・写真(2) »