« 大石奈緒選手、あと1ピン... | トップページ | やっぱ「めざましテレビ」が… »

2009.10.27

生命

この夏にスズムシを買った.
チャリンコの前輪の空気が抜けやすくなったため自転車屋さんに直しに行った時…そこで飼っていたスズムシの音色を聞いて、あぁいいもんだなぁと思い、そのまま近所のペット・ショップへ.

何年か前に買った時よりも大まけにまけてくれた.
なんとその数、200円で40匹以上!
鳴くのはオスだけだけど、オスが何匹とかメスは…とか数えていなかった.

 

でも、それはそれは連日連夜、リーンリーンときれいな声で気持ちをなごませてくれた.
つ~か、こんだけ数がいると風流を通り越して…あの自転車屋さんで聞いた数匹の虫の声とは大違い!
しかも、飼い方がいいのか、お店で買った時よりも日に日に元気に鳴いている気がする.

 

ところが秋になったある時から、急に、か細い鳴き声に変わった.

 

一体どうしたんだろうと思って見てみると、あれれのれ?
オスがほとんどいなくなっている!
どっかにおーでかーけれぇーすかぁ~?
あれれのれ?

v(^∀^ )☆\(^∀^; ソレハ「レレレノレ」!

 

メスが20匹近くもいるのに、オスは2匹だけ!
いゃぁ、鳴かなくなったワケだ.
しかし・・・
前も飼っていたので知っていたけれど、こうすごいとびっくりしちゃう!

 

交尾が終わったオスはカマキリみたいに…食べられてしまうのだ!

 

同様に、産卵が終わったメスも食べられてしまうのだ!
毎日1匹減り、2匹減り・・・ついにまったく鳴かなくなった.
メスだけになって、さらに1匹減り、2匹減り...

 

なんと言ったらいいんだろう...
生命の摂理?
尊厳?

子孫を、種を残していくためのすごくきびしい掟!
交尾のあと・産卵のあとは、のほほ~んと生きていてはいけなくって、ほかのメスの栄養にならないといけないのかしらば...きっと.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナニゴ?

 

植物だってすごい.
このあいだ八ヶ岳でヤブコキ(藪こき)して道に出てきたら、腹部から足までべ~ったりと、なんかの植物の種が何百とくっついていて、取っても取っても取りきれずに、最後はもういいゃって…くっつけたまま家に帰った.

その植物は・・・いつ誰が通るともわからないのをじ~っと待っていて、動物や人間が来た時に、それ~っとばかりに体にくっつきどこかに運んでもらう.
誰も来なければその場に落ちる.
でもきっといつか誰かが来てくれると信じて、その時には自分たちの子孫を出来るだけ遠く広く残そう!・・・という必死の思いでいっぱいなんだ!

 

その点からすると、人間はなんて気楽なんだろ.
こんなにお気楽でいいのかしらば?

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナニゴ?

動物や植物を見習って、もうちょっと真面目に、厳しく生きてみるべきなのかも?

 

To be, or not to be...

とべ、おあ のっと とべ...

飛ぶべきか飛ばざるべきか...

v(^∀^ )☆\(^∀^; チャウチャウワンワン!

 

シェイクスピアさんは結構真面目に考えていたんだなぁ...

v(^∀^ )☆\(^∀^; シリアイ?

To be, or not to be eaten...

…てとこ?

v(^∀^ )☆\(^∀^; ソレモチャウチャウワンワン!

 

鈴虫は現在、たったの2匹になってしまった.

あわれとか簡単に言えない様な、なんかもっと真剣で厳かな・・・生き様というか「生命」というものを感じさせられた気がする.

 

 

 

 

 

でもやっぱ楽しい方がいいけどね.

 

|

« 大石奈緒選手、あと1ピン... | トップページ | やっぱ「めざましテレビ」が… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命:

« 大石奈緒選手、あと1ピン... | トップページ | やっぱ「めざましテレビ」が… »