« 横峯吉文氏のナゾの血液型 | トップページ | 春雷? »

2009.10.14

きょうの「探そう!ニッポン人の忘れもの」

きょうの「めざましテレビ」のこのコーナーは、生野陽子アナの作文による「心の忘れもの」を探す旅の内容だった.
第一部と二部とに分けて6時台7時台に放送された.

生野アナは、お父さんのご都合で10回以上も引っ越しされたらしい.
そのため5回も転校.

鹿児島の小学校で卒業.その時に学校に…20歳になったら開けると約束して、クラスでタイムカプセルを埋めたんだって.

20歳の自分へ宛てた手紙とそのほかいろいろと入れて...

「小学生だった自分は今の自分に何を望んでいたんだろう?」

 

でもタイムカプセルを開ける20歳の時に都合がつかずに…参加できなかった.
それでタイムカプセルを求めて、その小学校を訪ねることに.

教室で懐かしい先生に会えて涙し、当時一緒に下校していた大の仲良しを訪ねて涙.
けれども、タイムカプセルの実行委員長は奈良に.
そして彼女を訪ねた生野アナは驚愕の事実を知る!

・・・って程でもないんだろうけど...

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

幹事だった委員長は、タイムカプセルを開けてすぐに飲み会に行く車の中で、クラスメイトが生野アナのものを委員長に確認して…もういらないだろうって処分!?

 

ぁあ”ぁ~~~っ!

 

しかぁ~っし、恐ろしい(?)のはここから.

六年生の生野陽子ちゃんは...

委員長曰く、
「作文なんだけど、書いてないよ!
 たぶんそれね、文集と勘違いしていると思う」

ちゃんちゃんっ!

 

その学校には7ヶ月しか通っていなかったそうで、引っ越しばかりしている自分を、みんなはどう思っているんだろうって・・・人のことばかり気にしていて、人ばかり見ていて、学校の背景とかは見ていなかったって.
道理で学校を訪ねた時に記憶が蘇らなかったワケだ.
タイムカプセルを埋めた場所も…埋めたのではなくて、倉庫に保管してあった!

 

いゃぁ、笑えたけど笑えなかった.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンヂャソラシド!?

 

想い出をたどっていって、自分が思っていたのと違っていたけれど、違ってたということ自体にたどり着いたのだから…きっと別の思い出が蘇ったと思う.

 

何が良かったって...

背景に流れていた実写版「時をかける少女」の背景音楽!

これが過去を探していく映像にピッタリ!
スタッフさん、すごい!

 

「時をかける少女」は一番好きな映画のひとつ!

v(^∀^ )☆\(^∀^; イチバンガイクツアルンヂャイ!

 

おらが…自分が体験した素晴らしいことを、もう一度体験したいと思った時に、この映画がヒントになる!

「土曜日の実験室!」

映画の中のこのキーワードで、自分の過去へジャンプする...
映画は、いつでも見れる様にPCに入れてある.
・・・見よっかなー.

v(^∀^ )☆\(^∀^; シゴトヲシーヤ!

 

話がそれてしまったけれど、

「この旅で、別のタイムカプセルが開いた」

と、ビデオが終わった.

生野アナは、変わっていなかった自分を見つけることができた!

 

とても奥のある内容でした!

 

ところで、
アヤパンこと高島彩アナは、
昨日の明るいファッションも素敵だけど、きょうのシックなのもとっても素敵!

 

注:「シゴトヲシーヤ!」は土佐弁で「仕事をしなよ!」の意.

 

|

« 横峯吉文氏のナゾの血液型 | トップページ | 春雷? »

高島彩さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きょうの「探そう!ニッポン人の忘れもの」:

« 横峯吉文氏のナゾの血液型 | トップページ | 春雷? »