« アヤパンこと高島彩アナの目(2) | トップページ | どうも身体が… »

2010.01.25

あははの病室(4)

看護師さんの大きな声が病室に響き渡った...てか、3階のフロア全体に聞こえたにちがいない.

看護師さん(女性)「なにやってんのぉッ、ったくぅ~!」

危なげな患者「暑いからょぉ!」

 

どうやらこの患者、すっぽんぽんだったらしい!

(((((\(;^^)/ イョォ~ッ!

 

また別の時

看護師さん(女性)「なにやってんのーッ!」

危なげな患者「トイレが遠いからょぉ、間に合わないし(注:そんなに遠くない) トイレまで行くのがめんどくさいからょぉ!」

 

どうやらベッドにもたれかかったまんま、ジョワ~っと「C子ちゃん」をしていたらしい!

v(^∀^ )☆\(^∀^; ヤクルトカ!?

ソレハ「ジョア」!( ^∀^)/☆( ^∀^)v

 

また別の時

看護師さん(女性)「ちょっとちょっとちょっとぉ! ちょっと待ってぇ! あ~あ~あ~ッ!」

危なげな患者「・・・・・」

 

トイレから帰ってきたこの患者、パジャマの上から1メートル位のトイペの尻尾をぶらぶらとさせていた!
しかもそのトイペには、し~っかりと「うんち君」が付いている!
この「危なげな患者」、背が180cm以上もあるもんだから、ちょっと振り返っただけでトイペの揺れ具合はハンパなくって…そりゃぁ迫力満点!
窓の壁やらカーテンやらに「うんち君」がくっついてしまい、看護師さんは応援を呼んで壁をごしごし、もうてんやわんや.

こんな大騒ぎの中でも、当のご本人は涼しい顔.まったく悪びれた様子もなく何処(どこ)吹く風!

ま、涼しいったって涼しい顔ぢゃないけどね、全然.色は黒いし目つきは悪いし...

 

ある時看護師さんがこの危なげな患者に

看護師さん(女性)「血圧が下がって良かったね」

というのを聞いておらが

おら「血圧は良くなったのかも知れないけど、顔つきは悪いよぉ!」

と言ってやった.
これぐらいのハードな(?)ことを言っても大丈夫なくらいになっていた.
こんな悪い冗談は、まず言わないおらなんだけど・・・このおっさんにだけは言いたくなっていた!

 

そして極めつけの事件が起きた!

看護師さん(女性)「なにやってんのーッ!」

 

(つづく)

 

|

« アヤパンこと高島彩アナの目(2) | トップページ | どうも身体が… »

病院にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あははの病室(4):

« アヤパンこと高島彩アナの目(2) | トップページ | どうも身体が… »