« 今朝(3日)の「めざましテレビ」でアヤパンこと高島彩アナは… | トップページ | アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… »

2010.02.04

集中治療室へ

集中治療室までの顛末(てんまつ)

昨年の12月28日に下田の山に行った.どーしても気になるカミキリムシを探しに.
午前10時過ぎから、アップダウンの激しい山を、お目当ての木を探しながら歩いた.
いくつか材を採って紙袋に入れて山を下りた.

 

麓に着いたのが午後3時.
しかし…バスが来ない.
時刻表を見ると、次のバスは午後4時15分かそこら.
ひぇ~っ!
ナンヂャコラ.いなかぢゃぁ!
時刻表に文句を言っても相手にしてくれないので、ベンチで待つことにした.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ!

 

汗を結構かいたので喉がかわいて、飲みかけのペットボトルのお茶を全部飲んだ.
まだ飲み足りなくて、自動販売機でポカリなどを4本買って…全部飲んだ.

 

そんな風に時間をつぶしたけれど、まだまだバスは来ない.
陽もかげってきて寒くなった.
シャツを替えれば良かったんだけど、脱いで着替えるのもめんどいから、持ってきていたセーターを上に着こんだ.
そしてやぁっとバスが現れ、ほっと一息.

 

次の日の朝、ヨメサンは仕事で出かけたのでひとりで朝食.
お腹はいっぱいになったんだけど(ご飯は普通一膳しか食べない…見かけによらず小食なの.あはは)、用意してくれてあった味噌汁を…せっかくだから飲み干した.お茶も.
うぅっ...食べ過ぎかも? なんか苦しい!

動いていればそのうちお腹もこなれるべ.
きょうは近くの山に行くつもりだし.
そう軽く考えていた.
釣り仲間に電話で誘ってみた.
午前8時過ぎ.
彼は行かないというのはわかっていたけれど、一応…ギャグだけど、と誘ってみた.
やっぱ行かないというので、受話器を置いた.

そしたら
・・・途端に、来るッ!って感じた.

何がって・・・サダコさんよりもコワイものが来るッて感じた!

うまく言えないけれど、頭の後ろの方に冷や汗がピカーッとして・・・なんかアブナイッという感じがどんどん迫ってくる!

ぜこぜこした時に、いつもは「セキ・タン」の薬でおさまっていたので、探して水なしで飲んだ.
少しぜこぜこが始まった.

さらに、まだまだ来るッ!という感じが深まったので、足首のツボに「せんねん灸」を貼って火をつけた.
どんどんどんどんおかしい・危ない気がしてきて、火が付いているお灸をそのままにしたらかえって危険と思い、お灸を外してお膳の上に貼りつけた.

息を吐く度にゴロゴロ、ゴボゴボとまるで水の中にいるような音がして、呼吸が浅くなって、息もろくに吸えなくなってきた.

 

ここからは、書こうかどうしようか迷ったけど...実際にあったことなので恥ずかしながら正直に書くね.

きちゃない話で申し訳ないけど…急に大きい方の便意を催した…と思った瞬間、だ~っと(弱くなっていたながらも、止めようとする気力に関係なく)一気に出てしまった.
感じとしてはゲリリンだと思ったのが、あとで聞いたところによると、フツーのUnchi君だったと.なんか不思議な感じ.
開いた口からは、よだれがぼとぼとと落ちる.

 

あわてて電話の子機とあたらしいパンツを持ってトイレに行った.
娘にぜんそくがあり(おらの場合ぜんそくだとは思っていないけれど)、息がゴロゴロして症状が似ているから、何か対処法があるかと思って娘に電話をした.
ところが普通に話せない.
1文字ずつ「ほっ…ゴボゴボゴボ、はぁはぁはぁ…さ…ゴボゴボゴボ、はぁはぁはぁ...」
という風に言った.
「こんな時どうしてるか」と(上の様に一文字ずつ)聞いたら「シュッとやるのがなければダメ」と言われた.
ヨメサンに電話をしたら、すぐに救急車に電話を!
ということで、自分で119番した.

 

以下の一部は、以前に書いた下記のURLの記事より転載.

119番に電話したら、

「お名前は?」

(呼吸が苦しいのにこんな時に名前かょ!)と思いながら

「つ…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…ち…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…だ…げぼげぼげぼ・・・」

と言い終わり、

「ご住所は?」

「は…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…ま…げぼげぼげぼ・・・」

「○○○○さんの隣りですね?」

「そ…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…う…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…で…げぼげぼげぼ、はぁはぁはぁ…す...」

 

と、まさに1文字ずつ言って、なんとか伝わったので救急車が駆けつけてくれ、一命を取り留めることができた.
もし住所が伝わらなければ完全に死んでいた...
新聞なんかで「心不全」というと死亡記事ばかりなのがこれでわかった.

これが、住所がちゃんと伝わらなかったり、電話も出来ない状態だったり、山の中だったら…と思うとぞっとする.

 

サイレンが聞こえたら玄関の外へ出るように言われた.

とにかく、し・支度をしなくっちゃ.

でも、手に持ったパンツをはく自信がなかったので、そのへんにあったズボンだけをはいた.
そうこうしているうちに救急車のサイレンが聞こえた.
そうだ保険証…と思って、別のズボンのチェーンについている財布をはずそうとフックに手をかけた.

玄関に救急隊員の方が入って来てくれた.

早く保険証を持たなくちゃと思ってフックにさわっているのに、なぜだかフックが全然動かない.何度やっても取れない.
しょーがないから、チェーンを引っ張ってチャックを開けて(チャックにチェーンをつけていた)、中に入っているカードやら何やら全部をわしづかみにして、玄関の救急隊員の前に倒れ込んだ.

近所の人がたくさん見ている中、タンカーに乗せられて救急車の中へ.
隣の奥さんに「連絡先を」と言われて、ヨメサンの携帯を1文字ずつ「0…ゴボゴボゴボ…9…ゴボゴボゴボ…0...」と伝えた.

 

最初は近くの病院に搬送されて点滴等の処置を受け、これは循環器(心不全)だということで再度救急車に乗せられて別の病院に移された.
こうして集中治療室へ...

 

当ブログ
2010.01.09
「ただいまぁ&あけおめ」:

http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2010/01/post-aa6e.html

 

|

« 今朝(3日)の「めざましテレビ」でアヤパンこと高島彩アナは… | トップページ | アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… »

病院にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集中治療室へ:

» Na02mini-V、通販、激安 [BTOパソコン比較、直販ガイド]
Na02mini-V、通販、激安について [続きを読む]

受信: 2010.02.04 11:26

» 実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術■速読、記憶術、脳トレの前に身につけておくこと。 [元祖無知の知]
イライラして落ち着きがない人がトレーニングしないで たった1日で集中力がアップし... [続きを読む]

受信: 2010.02.15 19:08

« 今朝(3日)の「めざましテレビ」でアヤパンこと高島彩アナは… | トップページ | アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… »