« アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… | トップページ | タレントさんのすけじゅーる(2月6日~2月19日まで) »

2010.02.05

白衣の天使(1)

入院してみて、看護師さんが天使に見えるというのは本当なんだなと思った.

集中治療室に運ばれてどれぐらい経ったんだろうか...
苦しかった呼吸は大分落ち着いたみたいだ...ひとごとのようだけれど、そんな感じ.
でもまだ意識は朦朧(もうろう)としている.眠っていたのか、ずっと起きていたのかもわからない.

「血圧が200を超えていて計れません!」

そんな言葉も聞こえた.
なんだか白衣の天使(?)がちらほらと見え隠れする.
しかし待てよ、考えてみればここは集中治療室なんだから、あれは看護師さんだょなぁ.
天国ではないょなぁ.
第一、天国に行けるんだかどーだかもわかんないし.あはは.

( ( ( ヽ(;。__。)/

なんて、お尻滅裂なことが頭に浮かんでは消える.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ジガチャウチャウワンワン!

 

集中治療室内は、いろんなアラーム音が鳴りっぱなし.

その後寝入ってしまった様な気もする.
突然、カーテンの右向こうで話す声が聞こえた.二人の男性の声で、どうやらお医者さんらしい.

「これから電気ショックをやります」

みたいなことを言って、なんか音がした.

「もう一度」

なんか音がした.

「あ、戻った!」

少しして

「あ、だめだ...」

「残念!」

そして、ベッドを押していく音が...

ど・どうなったんだろ...
なんかドキドキしてきた.

 

今度は左側の人がウ~ンウ~ンと苦しそうで…ついにもどしてしまった.
その向こう側からは、もっとすごいうなり声がする.痰が詰まって苦しい様子.知らないけど、まるで断末魔のよう!

(◎_◎  )☆\(ー _ ー; ムセキニンナァ!

 

相変わらずアラーム音がけたたましく鳴り響いている.

・・・・・

なんだかすごいところに来てしまったなぁ、なんて他人事の様なことを思ったりして...

 

どれぐらい経ってからかわからないけれど、ヨメサンと息子が来たので…一番気になっていたことを息子に頼んだ.
ブルーレイディスク・レコーダーのハードディスクを空けて、アヤパンこと高島彩アナの番組だけを予約して、と!
(詳細は、下記の記事をどうぞ)

これでほっとしたのか、ぐっすりと眠ってしまった.
集中治療室に一体何日いたのか、長くいたのか、それとも短かったのかもわからなかった.
あとで聞いたら1日半だったらしい.

ドラマなどでよく見る「1、2、3!」でストレッチャーに乗せられ、病室へ移された.
おぉっ、ドラマとおんなじだぁ…などと、えらく感動したりして! 死にかけたのも忘れて.あはは.

 

当ブログ
2010.01.20
「ただいまぁ&早速アヤパンこと高島彩アナの...」:

http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2010/01/post-b64f.html

|

« アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… | トップページ | タレントさんのすけじゅーる(2月6日~2月19日まで) »

病院にて」カテゴリの記事

高島彩さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白衣の天使(1):

« アヤパンこと高島彩アナのブログにも春がぁ… | トップページ | タレントさんのすけじゅーる(2月6日~2月19日まで) »