« 3月21日の「エチカの鏡 …」(4) | トップページ | キム・ヨナ選手の画像・写真(44) »

2010.04.04

3月21日の「エチカの鏡 …」(5)

(まだまだ続いただょ)

2.涙を流すことでストレスを消す

ただ単に涙を流せばいいんじゃなくて、感動の涙を流すとストレスが消える.

一週間分のストレスが消える人もいる.

実験で、30代~50代の男女6人それぞれが、思い思いの泣けるDVDを持ち込み映画を見て泣いていた.

みんな感動の涙を流すと気分がスッキリするとの感想.

 

涙を流すということは脳の血流を増やし、その結果交感神経の緊張が下がり心拍数が落ちてきて、ストレス緩和に繋がる.

 

ストレスのない社会っていうのはない.
日本が特別にストレスが強いというわけでもない.

現代生活があまりにも便利で快適になってきちゃっている.
それでストレスに対して弱くなってしまう心や脳の状態が出来ちゃっている.

 

私たちのこれまであった生活の中に、赤提灯に行ってちょっと一杯と…女性だとお茶飲み話でちょっとお話するとか、家族の団らんもそうだと思うんですけども、そういう場面っていうのがストレス緩和に非常に貢献していた.

人間一人じゃ生きていけませんから、人と人とがふれあって、それが自分のストレス緩和・幸せに繋がっていく.

 

人との関わりを大切に脳を活性化させ、ストレスと上手に向きあっていけば、健康に生きていくことがきっと出来る.

 

もともとストレスは、敵が来た時に自分の命を守ろうという反応でもある.

泣くっていうのは…安心していないと泣けない.
子供が怪我して来て家に帰って母親の顔を見て泣く・・・→安心して泣くということ.

 

おらは最近は「春のワルツ」を観てしょっちゅう泣いたけど、たしかにそのあとはなぜかすがすがしい.
なるほろぉ~...
感動の涙が良いんだぁ、やっぱし.

それで、
「神との対話」の神の言葉を思い出した.

 

世の中、様々なメッセージが飛び交っているけれど、神からのメッセージとそうではない人からのメッセージとを

<区別するための、基本的なルール>:

わたしのメッセージはつねに、あなたの最高の考え、最もくもりのない言葉、最も偉大な感情である.
それ以外はべつの源から生じている.

最高の考えには、必ず喜びがある.
くもりのない言葉には真実が含まれている.
最も偉大な感情、それは愛である.
喜び、真実、愛.(入れ替えることもできるし、互いにつながりあっている.)

 

「春のワルツ」は愛が溢れていたなぁ...

また観ょっと.

(おっしまぃっ!)

 

postscript:「まだまだ続く」と言ったら「すぐに終わる」というサイン!

あらコーラぢゃなくてそらソーダんべ.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ドコノヒト?

だぁ~って番組始まってすぐに「まだまだ続きます」なんて言いっこないもんね~.うふふ.

 

|

« 3月21日の「エチカの鏡 …」(4) | トップページ | キム・ヨナ選手の画像・写真(44) »

高島彩さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日の「エチカの鏡 …」(5):

« 3月21日の「エチカの鏡 …」(4) | トップページ | キム・ヨナ選手の画像・写真(44) »