« 新・ことわざ…なんてどぉ? | トップページ | 新・ことわざ(2) »

2010.11.01

獣医ドリトル

最近お気にのドラマのひとつ.
動物を通してというか、動物と人との関わりを通して命の大切さ、尊さを教えてくれる異色とも言っていいかも知れない、とても素敵なドラマだと思う.

 

これまで3回.そのどれもが胸を打つ内容だった.
動物といっても飼い主にとっては家族と同じこと.
こうやって「家族と同じこと」と書くこと自体おかしなことかも.
だって家族なんだから、わざわざ「家族と同じこと」と言う時点で、すでに蔑視しているのでは?と思っちゃう.

テレビ番組が始まってすぐに「まだまだ続きます」なんて言うワケないし.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ハナシダイブチャウチャウワンワン!

何度も書くけれど、「まだまだ続きます」と言ったらもうすぐ終わりだということぞね.あはは.
なんも言わなきゃいいのに、と思うがやき、まっこと.

 

はなしが大分(「だいぶ」と読んでね.「おおいた」とちゃいまっせぇ)宮崎の方へ行っちゃったけど...

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンヂャソラシドレミファ!

 

センセの名前が「鳥取」で「とりとる」と読めることから「ドリトル」というニック・ネームだなんて、いかしてる!

おらは本名が「土田」なので、中学の時に「どた」と呼ばれて以来、いくつかあるニック・ネームのうちのひとつとして今でもそう呼ばれている.
中学の時には「どたやん、どた、どた、どた来い」と四段活用(?)でよくからかわれていた.

ほかのあだ名はというと、「変人」「聖徳太子」「勉強家」「昆虫家」「はる」(治一…「はるかず」から)など.
「聖徳太子」は何故かというと、中学の時から口の両サイドに斜めに髭が濃かったから.
三人ぐらいの話しを同時に聞いてそれぞれに答えていたこともあったのもあるけれど...

v(^∀^ )☆\(^∀^; ジガジーサン!?

 

ところで、動物の話しに戻って...
今はいないけれど、うちでは一番多い時でワンちゃん2匹とネコちゃん2匹の時と、ワンちゃん0、ネコちゃんが4匹の時があった.

ある時、夜中に友人の奥さんが夫婦げんかをしてうちに駆け込んで来たことがあり、その時には、一段と人嫌いな「メミ」というネコが…どういうわけかその彼女のそばから離れずに、寝る時も彼女の寝床に一晩中寄り添って寝ていたことがあり、情の深いネコなんだということを始めて知ったことがあった.
その奥さんは、癒されて元気になって帰って行った.

 

これからもドラマ楽しみにしちゅーきに.
でも次回は1週抜けて、今度は11月14日(日)なんだと.
その日はバレーボールがあるので、始まる時間も要注意.(通常は21時から)

 

「獣医ドリトル」公式サイト:
http://www.tbs.co.jp/jyuui-dolittle/

 

注:「ことぞね」は土佐弁.「ことだょ」みたいな意.
  「思うがやき」は「思っている」みたいな意.
  「まっこと」は「ほんとに」の意.
  「しちゅーきに」は「してるから」の意.

 

|

« 新・ことわざ…なんてどぉ? | トップページ | 新・ことわざ(2) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93179/49902722

この記事へのトラックバック一覧です: 獣医ドリトル:

« 新・ことわざ…なんてどぉ? | トップページ | 新・ことわざ(2) »