« 高島彩さんのお知らせ | トップページ | 歌仙 »

2011.03.30

コルリちゃん

昨日、トウカイコルリクワガタ狙いで山に.

 

山の中を走るバスの中から複雑な気持ちで窓の外の景色を眺めていた.

大変な災害.
しかし、
外の山々はそこに存在し、木々も、うっすらと春の装いをし始めているかの様に、じっとたたずんでいる.
時は止まっていない!

 

災害も自然のもの.このひっそりと静まりかえった地面も草も木も、時々さえずる鳥の鳴き声も自然のもの.

言葉には表せない、なにかを感じていた.

 

ま、それはそれとして.

v(^∀^ )☆\(^∀^; キューニカワルンカイ!?

ポイントに着いたらたまげた.げたぢゃなくて長靴を履いているけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

なんと一面、あ~りゃりゃこりゃyりゃぢゃぁ、あ~りませんか!
もうすぐ4月だというのに.
1000mを超えると…別世界というよりか銀世界なのね?

_○| ̄|_ ガックシスルトユキガツメタイノデ…

щ(゚ロ゚щ) オーノーノイモコサークーラーモモコ!

(●∀○)☆\(^∀^;)/ ナンヂャソラシドレ!

 

トウカイコルリクワガタは普通は地面に落ちた枝に産卵される(例外もあるだろうけど).それもどちらかというと湿っている朽ちた枝.しかも枝の裏側のことが多い.
何本か落ち枝をひっくり返そうとするものの、凍り付いていてびくともしない.
だ~みだこりゃ.

 

それでもいくつかはチェックすることが出来たけれど、ここでは…そうそう簡単にいない.
だいたい丁度いい朽ち具合のがほとんどないし、あっても産卵マークはゼロ.
「(・)」←こういう「カッコテン」という特徴のある産卵マークなので、あればすぐにわかる.
もっとも、時には産卵マークが見つからなくても入っていることがある.やっかいなこっちゃ.

↓クリックで大きく表示.以下同様.
201103291_4
↑ただいま捜索中.

そんな中、ちょっとした日だまりで変わった形のつらら(?)をみつけた.↓
201103292

201103293_2
同・アップ.
左側のって、微笑んでいる人の様に見える...見えない?
見方を変えてみると、なんか手を差し伸べている着物姿の人みたい...?

v(^∀^ )☆\(^∀^; ヂャ、ミギガワノハ?

!(b^ー°) ロケット.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~&キノセイコオリノセイ!

 

少し先には、こんなぶっといのもあった(写真真ん中)↓
201103294_2

などとほかのことばかり見てないで、コルリちゃん捜しに戻らなきゃ...
しかしこれぢゃぁあまりにやりにくいので、雪のない南斜面に行くことにした.
日当たりが良すぎるとトウカイコルリは望み薄かも知れないと思いつつ...

 

そして何本目かで、なんだかしっとりと湿っていて、良い具合に朽ちた木を発見!
慎重に削っていくと、つ・つひに1匹出た!
幼虫だけど.

━━━ヽ(゚∀゚ ;)ノ━━━ キター!ミナミガワダケド

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

たぶんトウカイコルリクワガタの幼虫↓
201103295_2

うっかり材から出た時の写真を撮る前にプラケに入れてしまった.
ドーヨードーヨー.

( ( ( ヽ(; ∩ 。∩)/

 

まだ入っているかも知れない.
でも、もう削っている時間がないので、90cmほどある材を3等分してお持ち帰りした.

 

教訓:最後まで粘ってみる.
その前の段階の教訓:早いとこ見切りをつける.

 

|

« 高島彩さんのお知らせ | トップページ | 歌仙 »

虫屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93179/51251847

この記事へのトラックバック一覧です: コルリちゃん:

« 高島彩さんのお知らせ | トップページ | 歌仙 »