« スカシユリの「ロリーポップ」が4輪に! | トップページ | 茎だけで双葉なしの朝顔が… »

2019.05.26

日本の四季を偲ぶ

もはや春夏秋冬は遙か昔?
土佐の高知に住んでいた子供時代に、29℃でチョ~暑く感じていた頃が懐かしい。
いまや夏夏秋冬...読んで「かかしゅうとう」。
いんや、真夏真夏秋冬で「まかまかしゅうとう」!

そのうち、極夏極夏秋冬の「ごっかごっかしゅうとう」ってことになりそほ?
( ( ( ヽ(;。__。)/

アスファルトを取っ払って地面に戻し、電気をなくしてローソクにし、交通手段も駕籠で、通信は飛脚にすれば…ちょっとは良くなるんぢゃね!?
何年も何年も前からこれらを唱えていたけど。うちで。
ヽ(°-°)☆\(^∀^;)/ アッポ~ッ!
 

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

|

« スカシユリの「ロリーポップ」が4輪に! | トップページ | 茎だけで双葉なしの朝顔が… »

コワ~イ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカシユリの「ロリーポップ」が4輪に! | トップページ | 茎だけで双葉なしの朝顔が… »