コワ~イ話

2019.05.26

日本の四季を偲ぶ

もはや春夏秋冬は遙か昔?
土佐の高知に住んでいた子供時代に、29℃でチョ~暑く感じていた頃が懐かしい。
いまや夏夏秋冬...読んで「かかしゅうとう」。
いんや、真夏真夏秋冬で「まかまかしゅうとう」!

そのうち、極夏極夏秋冬の「ごっかごっかしゅうとう」ってことになりそほ?
( ( ( ヽ(;。__。)/

アスファルトを取っ払って地面に戻し、電気をなくしてローソクにし、交通手段も駕籠で、通信は飛脚にすれば…ちょっとは良くなるんぢゃね!?
何年も何年も前からこれらを唱えていたけど。うちで。
ヽ(°-°)☆\(^∀^;)/ アッポ~ッ!
 

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

| | コメント (0)

2019.05.10

Jawsが出たぁ~~~ッ!

先月の15日にうちのすぐ近くの浜で...ジョ・ジョ・ジョーズがぁ~~~ッ!
( ( ( ヽ(; ◎∀◎)/ エライコッチャアッチャコッチャ!

 

ヂャ~~~~~ン!

 

1jawsstone20190415
(写真はクリックで大きく表示)

...))))) ヽ(☆エ◎;)/ ヒエ~アワ~ムギゴハン~ッ!
v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンヂャソラシドレ!

・・・・・


2jawsstone20190415
↑ ヂツハこんな石。

(∩。∩;)ゞ ジョーズだこと!
ヽ(●∀○)☆\(^∀^; アッポ~ッ!

 

3jawsstone20190415
↑ ちょっとアップ。

 

4jawsstone20190415
↑ ホントはこれぐらいの石。あはは

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

 

| | コメント (0)

2014.09.15

コワイ話

もう45年以上も前になるけれど、いま考えるとゾッとする.

友人3人と広告代理店を立ち上げ、企画の関係で大阪にしばらく(1ヶ月ほど?)滞在していた時のこと.
その友人の関係会社に場所を借りて活動していた.
ある時、親しくなったその会社の人から、
「フグって食べたことあります? おいしい店があるので連れて行きますゎ」
とかなんとか誘われた.
フグは初めてなので、コワイのと期待感に胸を膨らませてついて行った.

胸は膨らんで、「はと胸」だった.

v(^∀^ )☆\(^∀^;)/ ナンノコッチャアッチャコッチャ!

(◎Θ◎;)ゞ マヂダス!

v(^∀^ )☆\(^∀^;)/ アメダス風か?

 

中学時代に鉄棒をやっていたせいか知らんけんど、本当に「ハトムネ」だった.

(=∩_∩=ゞ あはは

 

ま、それはそれ、あれはどれ?・・・として.

v(^∀^ )☆\(^∀^;)/ ナンヂャソラシドレ!

 

お店に着いてみて、ちょっと…というか、かなり不安になった.
なぜかって、かなり古びた…薄汚い、ちっちゃい店だったんだもん...
ほかに客もいないし...

(((゚Д゚;))) わ・ワ・ヮ~ぁ ワがミッツ!

ヽ(◎∀○)☆\(^∀^;)/ フルイッ!

 

ふぐ刺しを食べ終わって店を出てから、誘われた会社員に、

「ど~でした?」(もちろん彼も一緒に食べたんだけど)

と聞かれたので、

「ピリッとしておいしかった」

とおらが答えた.

 

・・・・・

 

∑(=゚エ゚=;) エ?

そ・それって...もしかして...

...<<Σ(ll||;゚д゚ノ)ノ アブ・アブ・アブ…

危なかったんだょね!!!???

 

その時には「フグ毒で死ぬこともある」という程度の、軽い知識しかなかった.

しかし、確実に、そのふぐ刺しを食べる度に舌先がピリッとしたのは今でも覚えている!

...<<Σ(ll||;゚д゚ノ)ノ コワ~~~ッ!

 

さらにコヮかったのは...

食べ終わってレジに行った時のこと.
てっきり誘ってくれた人が払ってくれるんだと思ってじっと待っていた.
が、彼は一向に財布を出す気配がなく、同じようにじっと立っているだけ.
仕方がないのでこちらが払った.
外に出るなり.すかさず彼は「ごちそうさまでした」と言った.

なんか気持ちがすっきりしなかった.
だって...
彼の方が年上だったのに!
彼が誘ったのに!

 

あぁ、これが関西人か!…と思った.
もちろんみんながみんなそうぢゃないだろうけど…たまたまにしても、そういう人に出会っちゃったんだから...20才そこそこのおらがそう考えたのは仕方あるまいぢゃろ?

 

その時に思ったのは...
「負けるが勝ち」ぢゃなくて、

(財布を)「出したら負け!」

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

マルバダケブキに…

一昨日の山行きのつづき.

トラップ回収後にマルバダケブキの群落を見つけた!
ざっと見ても100は超えている!

( ´艸`) ウププ!

 

タニグチコブヤハズカミキリがよくいると言われているマルバダケブキ!
でも残念ながらタニグチくんは、この辺には分布していない.
けどほかのコブヤハズがいる可能性が?

本数が有りすぎるほど密生していないし、まばらだけれど...それなりの数がある!
こりゃぁいいかも!?
…と思って、マルバダケブキの枯れ葉を一枚一枚めくっていく.
念のため青い葉っぱの裏側もそぉ~っと見てみる.

 

・・・・・

 

枯れ葉も青い葉もほとんどチェックした.
けれども、いたのはクモばかり.
コブヤハズくんたちは1匹も見つからなかった.

いかにもいそうな、とてもいい環境だと思われるのになあ...
ニンゲンから見て良さそうに見えても、彼らにとっては合わない環境なのか?・・・それとも数がすごく少ないのかは…知るよしもない.
なぜ知るよしもないかは知るよしもない.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ウルセイヤツラカ!?

 

そうだ、せっかくだから写真を撮っておこう...なにが「せっかく」なんだかわかんないけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

 

パシャッ

Marubadakebuki1
↑クリックで大きく表示.以下同様.

パシャッ

Marubadakebuki2

パシャッ

Marubadakebuki3

陽の当たるところもあれば林の中もあり、いい条件に見えるけどなぁ...
もっと薄暗くてじめじめした所にもあったけれど、そこは撮影しなかった.

最後にもう一枚.
パシャッ

Marubadakebuki4a

 

・・・・・

 

小さくしてみよっと...同じだろ~けど...

(・◇・ )☆\(・-・; アリャコーラ、ソリャソーダ!

Marubadakebuki4b

 

( ・艸・) !

ヽ(ヽ´Д`) ヒエ~アワ~ジカン~!

ヽ(@_@  )☆\(^∀^; ナンヂャソラシドレ!


..・ヾ(。>д<)/ ゴ・ゴメンナサイ~~~カバ~~~!

ヽ(●∀○)☆\(^∀^;)/ ナンヂャソラシドレミファ!


(( (((;OдO))) ))ガクガクブチブチブルブルドッグドッグ!

(;◇; )☆\(・-・; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

あ~こわかった.

 

「マルバダケブキ」ウィキペディア:
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルバダケブキ

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.20

トイレの花男くん?

ヽ(@_@  )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

昨日の山行きの時のこと.
電車の改札を出てから、バスに乗り換える前にC子ちゃんに行っておこうと思って、トイレに向かった.

あ、うちでは小用のことを「C子ちゃん」、大きい方は「うんちくん」という風にかーいく言っとりますです.

(^。^;ゞ

 

で、男子トイレの方に入ろうとしたら、おらの前を、白地になんかの柄模様が入った短パンの小学生高学年くらいの男の子が、携帯を左の耳にあてながら入って行った.
話し声は聞こえない.

おらが用を足していると右後ろから突然、おらのほっぺからもみあげに向けて、手の甲で(?)さ~っとなぞってきたぢゃぁ、あ~りませんか!

え?…と振り向いたら、その男の子!
その子は、すぐに公衆トイレの出口へと向かった.
普通の人なら飛び上がるほどびっくりするかも知れない!
出ていたC子ちゃんも止まっちゃうかも知れない!

でもおらは、相当肝(きも)が据(す)わっているので、後ろから「わっ!」と驚かされてもびくともしない.
だからと言って「わっ」とやらないでね~...びっくりしちゃうといけないから.

ヽ(●∀○)☆\(^∀^;)/ ハナシガチャウヤンケ!

 

(ただし、一度だけほんっ~~~と~にびっくらこいたことがある.下記URL参照)

 

最初は誰か知り合いがおらを見つけて触ってきたのかと思った.

けれど、その男の子だったので、いたずらか因縁をつけるのか(?)どういう意味でやったのか…もしいたずらならとっちめてやろうと思って、

「なんならや!」(土佐弁.「何だ(このやろ)!?」みたいな意)と、おらは少しどすのきいた大きめの声で言ったどす.

ヽ(°-°)☆\(^∀^;)/ ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

用を済ませてすぐに後を追おうとした.

しかぁ~し...

正面を見ても右を見ても左を見ても、その子は見当たらない.
すぐ近くのコンビニの中にもいない.
改札の方に行ってもいない...

まるでピンポン・ダッシュの様に消えてしまっていた!

 

見晴らしのきく所だから、いくらなんでも後ろ姿くらいは見えていいはずなのに.
バスの時間までまだ何十分もあったので、うろうろしてみたんだけど…結局いなかった.

 

なんだったんだろ?

あとで友人に話したら、「それは幽霊ぢゃないの?」

(( ((( w(゚□゚;w(゚□゚)w;゚□゚)w ェエェ~~~ッ!?

真っ昼間から幽霊かよ!?

 

そりゃぁ、おらは何十回となく幽霊を見ているけど...
ある時からす~っかりと見なくなってずいぶんと久しい.

 

でもその男の子は、携帯を耳に当ててずっと無言で、トイレに入ってC子ちゃんもせずに出て行って、煙のように…いなくなっていた!

 

きゃ~~~っ!

( ( ( ヽ(; ◎∀◎)/ アヮワッ アヮワッ アヮワ~ッ(「さとうきび畑」の歌のメロで読んでね)

 

おしまい(ちょっと続くかも)

 

びっくりした話↓(当ブログ・カテゴリー「コワ~ィ話」)

「2005.06.11 クロダイ釣りは本当にコワイ!(第2話)」:
http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2005/06/post_47df.html

 

左サイド・バーの「バックナンバー」という文字をクリックすると…一番最初の時から、記事を書いた「年月」がすべて表示されます.「年月」をクリックすると記事が表示されます.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.20

決して一人では降りないで下さい!

だってそこは...

 

死人会館前.....

 

( (((( ヽ(;。__。)/

 

(( (((;OдO))) ))ガクガクブチブチ!

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

うそだと思うなら…聞いてみてみぃ~~~↓
クリックすると、ほら、聞こえてくるょおぉ~~~…心臓の弱い人は聞かない方がいぃかもょぉ~~~!

ぬゎんちて.あはは.

ピュ~ ( ( (((ヽ(; ◎∀◎)/ ニゲロォ~!

 

バス停 「死人会館前」 : 「42nkaikanmae1.mp3」

               ↑クリック

 

え?...ピンポンって降りる人って...もしかしたら...

きゃぁ~~~~~!!!

( ( ( ヽ(; ◎∀◎)/

 

帰りにもう一度録音してみたら…やっぱし...そこは...「死人会館前」...

 

バス停 「死人会館前」 : 「42nkaikanmae2.mp3」

               ↑クリック

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.12

死人会館前…?

最近、山へ行く時などは駅までバスを利用することが多い.
で、駅の近くに...なんと.....

(シ~~~ン)…嵐の前の静けさ...

 

「死人会館前」

 

というバス停があるのだ!

ヂャァ~~~ン!

キャァア~~~ッ

( ( ( ヽ(; ◎∀◎)/ コワイ~ッ!

 

てか、そんなバス停あるわきゃないよね!?

だって電光掲示板には「市民会館前」と表示されるんだから.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アノネ!

 

しかし・・・
ど~聞いても「死人会館前」って聞こえるんですけどぉ...

(^_^;ゞ

 

一度そ~思ってしまったら、何回聞いてもそう聞こえてしまうから不思議だ!
もっとも、どのバスも、女性の…吹き込んだ同じ声を流すんだから、同じ言い方なのは当然だけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; オモイコミオモイコミ!

カルイコミ!( ^∀^)/☆( ^∀^)

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャアッチャコッチャ!

 

うそだと思うなら一度乗ってみて...
一度でなくてもいいけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ヂャァ3カイ!

 

小田原駅東口の7番乗り場「国府津(こうづ)行き」か「ダイナシティ行き」のバスとか、それか箱根方面行きのバスで3つ目だったっけかな...
たっのしいよぉ!

 

友人に話したら…そう聞こえたって! ちゃんと!...あはは.
でも最初に教えちゃったから、先入観ってやつかも知れないけどね.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

3つのカンテラ?…クロダイ釣りはコワイ(第6話)

江ノ島の「釜の口」と呼ばれる東側の地磯に、故・親父とコンちゃんと三人でクロダイ狙いで釣りに行った.
薄暗くなってから磯に入り、支度を始めたころには、もうあたりはすっかり暗くなっていた.

何時頃だったか忘れてしまったけれど三人で話をしていたら、「釜の口」の隣の「水道口」という地続きの磯で、三つの懐中電灯の明かり…にしてはずっと明るいライトが点き、海側へと移動していった.
懐中電灯というよりもカンテラと言う方がよさそうな位明かるかった.

あ~んなに照らされちゃ、クロダイが逃げちゃうぢゃんかよぉ~!

と、我々三人はブーブーと文句を言った.相手には聞こえない程度の声で.

v(^∀^ )☆\(^∀^; ヨワキナノネ!

 

向こうの三人は、煌煌(こうこう)とライトを点けたまま海際へ.
で、海際でやぁっとライトを消した.

 

あぁ~あ、いよいよこれは釣れなくなっちゃうでぇ...

案の定、夜が明けるまでクロダイは、ぜ~んぜん釣れなかった.
彼らのせいか、はたまた我々の腕が悪いせいかは…知るよしもなかった.
なぜ知るよしもなかったかは…知るよしもなかった.(「うる星やつら」の言いまわし)

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ~!

 

夜が明けた時には、もう三人の姿はなかった.
てか、三人の姿は最初から見てないんだけどね...暗くてライトしか見えなかった.
いや、それよか...奇妙なことに気がついた...

 

あれ?
昨日のライトは、たしかあそこまで行ってたよねぇ?
行ってた行ってた...

と三人が口々に言った!

 

ライトが行った場所は、その手前で磯が終わっていて、2~3m(?)泳がないと渡れない沖の離れ磯になっている!

 

ライトは泳ぎもせずに、スーッと横にスムーズにその沖の磯まで確かに歩いて(?)行った!
三人で見ていたのだから間違うはずはない!

 

すると、あれは?

・・・・・

きゃ~~~っ!

そこへ釣り人がやってきてこう言った.

「昨日そこで(ライトが行った離れ磯を指さして)三人死んだんだよね」

きゃ~~~~~~っ!

 

その日は我々三人とも地に足が付かず、なんも釣れなかったのは言うまでもありません.

 

・・・いやいや、地に足が付かないのは…彼らかぁ...

わ~っ、ゴメンナサ~イッ!

\( ..〃)ノ三三m(〃 ..)ノ

 

カンテラ画像:
http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/lrg/11/01/28/lrg_11012828.jpg

カンテラ画像:
http://yosshi-juice.up.269g.net/image/5392.jpg

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.07

灯台に縛られて…クロダイ釣りでなくてもコワイよよよ...(2)

やはり30年近く前の話.
故・親父と友達のコンちゃんとの三人で、南房総の千倉(ちくら)の堤防に釣りに行った.
正月の寒~~~い時で、おまけに雪が降って来て...風が…ハンパなくビュービューと吹いていた.
せぇっかくはるばるとやってきたのに故・親父とコンちゃんは、さみぃ~から旅館に泊まるゎと言って竿も出さずに堤防を離れてしまった.

夕方、一人残されたおらは…やる気十分!
狙いは、セイゴ・フッコ・スズキ.
それにしても風がビュービューなので、荷物が飛ばされないように、すべての荷物にヒモを通して固定した.

そのうち、さらに風が強くなり…自分もゆらっと風に飛ばされそうになる程強くなった.
こりゃ危ないと思い、灯台にぐるりと二重にロープを巻き付け、自分にもぐるぐると巻き付けて身体を固定した.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ~!

もちろん(?)、ほかには人っ子一人いない!
でも一人で釣りをするのが好きなので、これ幸い.
ぶっ込み仕掛けを作って港内に向かって投げた.
しばらくしてあげてみると仕掛けがぐちゃぐちゃ.
何度となく、ぐちゃぐちゃ.
どうやら海が荒れて底がもんでいるようだ.
そらそーだよなぁ…こんだけ吹いているんだから、いつもは静かな港内も波打っているし.
それでハリスの途中に小さなウキを付けて、針先が浮くようにしてみた.
遊動仕掛けなのでこのようになったんだけど…底オモリにすれば簡単な話だったなぁ、などとあれやこれやと考えながら投入を繰り返した.

 

雪が舞い、風はビュービュー.ピューピューではなくてビュービューだ!

 

いったいどれほどの時間が経ったのか?
いつの間にか眠ってしまっていた自分に気がついた.
灯台にくくりつけ、ぐるぐる巻きに固定した身体から手を伸ばして尻手(しって)(…竿が魚や風で海に落ちても大丈夫なように竿尻につけるロープ)をつけた竿を取り、仕掛けをあげてみると...

やったぁ!

40cmオーバーのセイゴというかセイゴのお兄さんというかフッコの弟?が釣れていた!

その後、ぐるぐる巻きの身体のまんま、また眠ってしまった.

 

「お~い、生きてるかぁ~」

の声に目が覚めて、見ると向こうの方から故・親父とコンちゃんがやってきた.
もう風もおさまり、雪もやんでいた.
ぐるぐる巻きのまんま手を振ると、

「お~、生きとる生きとる!」

結局夜釣りでは、あとにも先にも釣れたのはこの1匹だけ.
しかし、トライすることに意義がある.
極寒の中、危なかったけど.

v(^∀^ )☆\(^∀^; アホヂャアホヂャ~!

 

よい子のみんなは、まねしないでね!

v(^∀^ )☆\(^∀^; オマエガUナ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

謎の漂流物!?…クロダイ釣りはコワイ(第5話)

いまはむかし...

v(^∀^ )☆\(^∀^; イマハ、イマヂャロガァ!

いまはいま、むかしはむかし...
…ってこれぢゃぁ、いとをかし! あはは・・・

 

もう30年近くになるかなぁ.
一人で伊豆の宇佐見の堤防に釣りに行ったことがある.
冬の夜釣りでクロダイ狙い.

コマセを撒いて静かに静かぁに釣りをしていたら・・・凍えるような寒い夜中に急に、ど~ぉしても大きい方の用を足したくなって…もう我慢の限界点に達した!
遠くの駅近くまで行かないとトイレはない.しかぁっし、いまや残された時間はわずかだ!

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

幸いあたりに人影はない!
っつーか、真冬の厳寒期に夜釣りをするような物好きな人はだぁれもいなかった.
よぉっし、もうやるっきゃない!
っつーかやらなきゃ、おもらししちゃう...

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

おもらしぢゃすまないか...

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

 

それで、ビニール袋に・・・

やりましたぁ!

もう生まれ変わったみたいにす~っきり!
で、そのビニール袋にティッシュも入れて、堅ぁ~く縛って...持って帰りたくなかったので、海にポーンと投げてしまひまひた.

(°-°)☆\(ー_ー; イケナイコチャン!

 

もちろん今では、すっかりよい子ちゃんになっているので…数ミリのハリス(釣り用の糸)ですらちゃんと持ち帰っており、飲んだコーヒー缶もなにもかも、釣り場にはゴミひとつ、髪の毛一本も残さず家に持ち帰っており、コマセもきれいに洗い流してから帰っとります.

v(^∀^ )☆\(^∀^; カミノケナイヂャン!

 

・・・と、とにかく「うんちくん」にさよならして、す~っきりして釣りに集中することができた!

 

やがて夜が白んできた.
これからチャンス到来か?
…と思ったら・・・

 

な・なんと目の前の海に、

まさしくあの、

夜中のあの、

ビニール袋がプカァ~リプカァ~リと漂っているではありませんか!

 

きゃあぁぁぁ~~~ッ!

 

す、すいませ~ん!

もうしませ~ん!
てか、するけど・・・

v(^∀^ )☆\(^∀^; ナンノコッチャ!

いや、ちゃぁんとしたとこでしますですぅ~ッ!

 

チャンス到来どころか、ビニール袋到来!

( (((( ヽ(;。__。)/

 

それで、そそくさと・・・そそくそと...?

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

荷物をまとめて逃げ帰ったのは言うまでもありません.

 

もちろんビニール袋は、きちっと縛ってあったので臭いは大丈夫なんだけど...

きちっと縛ってあるからプカァ~リプカァ~リと浮いて、沈みゃーしない.

確か一度は波のまにまに浮かびながらどこかに流れていって視界から消えていたのに!
持ち主のとこに戻ってきたのね?

v(^∀^ )☆\(^∀^; アッポ~!

 

でも中身がなんなのか誰もわからないんだから、堂々と釣りしてりゃぁ良かったのかもしれないけど、
・・・・・
中身を知っているおらは…そーは、いきゃぁせん!

v(^∀^ )☆\(^∀^; ジマンスルナ!

 

もしか、誰かが玉網ですくってビニール袋を開いた日にゃぁ・・・
思わず、

す・すびばぜ~ん!

と叫んでしまいそーで...

 

よい子のみんなは決してまねをしないように!
釣り場はきれいにしましょう!

v(^∀^ )☆\(^∀^; オマエガUナ!

 

そのとき釣れたかどーか?

な・なぁ~んも覚えとりませんッ!

(;^∀^)/☆( ^∀^ )☆\(^∀^; ・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)